→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


なぜ母乳が出ないの?すぐに母乳が出ると思ったら大間違い!!

出産して、すぐに母乳が溢れんばかりに出る・・と思っていませんか?

私も妊娠中、そう思っていました。妊娠中に(安定期になって医師のOKがでたら)おっぱいマッサージを開始し、母乳がでやすいようにおっぱいをよく揉むようにしていました。そうすれば、出産後に入院中からすぐに母乳がでてくるはずだと思っていたのです。

そう思っていましたが、実際は違いました。><
確かに、おっぱいマッサージの効果で多少初乳が染み出してくるものの、テレビやネットで見るように「母乳がピューっと飛び出してくる」ような風にはなりませんでした。

ミルクを足すと、さらに母乳はでなくなる・・

退院後、赤ちゃんに授乳しても飲み足りないのか、おっぱいを求めて泣くように。しかし、自分のおっぱいはもう萎んででない・・

仕方なく、ミルクを足してやるようにしていると、ますますおっぱいがでなくなっていきました・・・。

産後1ヶ月はこうして少ない母乳&ミルクの混合育児が続きました。
「免疫力がつく母乳を赤ちゃんにあげたいのに・・。」「母乳育児をしたかったのにこんなはずでは・・」と落ち込みも強かったです。

藁をもつかう思いで、母乳専門助産院へ

落ち込む新米ママの私が藁をも掴む思いで行ったのが、母乳専門の助産院です。
そこは母乳がでない人でもたちまち出るようになると噂の「カリスマ助産師」さんがいる母乳マッサージ専門助産院でした。

カリスマ助産師さんは、私の顔をみて一言。
「あなた冷え性ね。水分も足りてないわ。もっと体を温めなさい」

助産師さんは栄養学に加え、東洋医学の知識もあったので、顔や手を見るとその人の食生活や普段の生活がわかるのだと話されました。

そして、私が甘いお菓子が好きなこともズバリ指摘され・・・(汗)

カリスマ助産師さんから教えて貰った母乳を増やすコツ

カリスマ助産師さんからは、母乳を増やすために次のようにアドバイスを受けました。



1)頻回の授乳をする

いくらおっぱいが少なくても、おっぱいをくわえてもらうことが刺激になり、母乳が作られるのだそうです。

いま母乳が少なくて全然でていなくても、気にせずにとにかく赤ちゃんにくわえさせればよいのだと教わりました。

2)母乳マッサージを定期的に行う

母乳マッサージを定期的に行うことで、おっぱいが刺激されホルモン分泌が高まり、母乳が作られるといわれました。
妊娠中に(医師の許可が出てから)母乳マッサージを行うことは良かったようです。

痛くない母乳マッサージの方法を教わり、定期的に行うように教わりました。
それでも出なかったり、トラブルがあればいつでもいらっしゃいと言われました。

3)和食中心の食生活をする

よく言われることですが、やはり甘いお菓子は母乳の大敵だそうです。
良いのは、ご飯・お味噌汁・主菜・副菜というごく普通の和食

カタカナが出てくるラーメン、トンカツやシチューのような食事よりも、野菜の煮物とか豆腐の和え物といった昔ながらの和食が一番母乳に良いと説明されました。

確かにそうですよね・・とはいっても、やはり甘い物は食べたい!というか食べたくなる・・!!><

そう私が思っていると、その心を見透かしたのか、「一生のうちの1年ちょっとの我慢なんだから、頑張りなさい。でも、どうしても食べたくなったら食べていいわよ。毎日はダメだけど、数日に1回くらいはね。ストレスが溜まるのもあれだからね。」と言われました。

4)母乳分泌を助けるお茶を飲んで体を温める

そして、最後に大切なのが・・と言われたのが、「母乳分泌を助けるお茶を飲んで体を温める」ということでした。

これは初耳で、母乳分泌を助けるお茶って・・?と疑問に思っていると、こちらのたんぽぽ茶をオススメされました。 このお茶は、母乳分泌が増える作用のあるたんぽぽの根を煎じて作られたもので、しかも体を温める作用があるのだそうです。

もとから冷え性があった私は、このお茶を飲むと体がポカポカとしてきて、しばらくするとおっぱいに母乳が走る「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。これにはびっくりしました。

母乳が増える4つのポイントを実践して完全母乳育児に移行できました

カリスマ助産師さんのアドバイスに従い、上記4つのポイントを実践して、約1ヶ月、私は混合から完全母乳育児に移行することができました。

あのままミルクを足す生活を続けていたら、母乳が完全にでなくなり、完全ミルク生活になっていたのだろうな、と思います。
藁をも掴む気持ちで助産師さんの門を叩きましたが、本当に良かったと思っています。

カリスマ助産師さんから教わったコツは、本当にシンプルで誰でも取り入れられるものです。

母乳がいま出なく悩んでいても大丈夫です。必ずどんな人でも母乳は出るようになります。

母乳が出なくて悩んでいるママさんたちのお役に立てば幸いです。

母乳の量を増やすお茶ベスト2

母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪


たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根を煎じて作られたお茶の事です。
コーヒーのような風味があり、鉄分やミネラルが豊富に含まれています。
たんぽぽ茶は、コーヒーのような風味ですが、ノンカフェインなので妊婦さんや授乳中のママさんでも安心して飲むことができます。

このティーライフのたんぽぽ茶はティーバッグになっていますので、飲みたい時に手軽に飲めるのも嬉しいポイントです。

たんぽぽ茶の効能と効果

たんぽぽ茶には、このような効果や効能があると言われています。

・血流促進をし冷え性の改善に役立つ
・ストレスを緩和し、疲労回復に役立つ
・新陳代謝の促進に役立つ
・利尿作用によるむくみの改善
・血液の流れを改善し、血中コレステロールを下げてくれ、血液をサラサラにしてくれる

特に、たんぽぽ茶は身体を温める効果が高いです。
血の巡りが良くなることで、母乳を増やすことに繋がるため、完全母乳育児にしたい授乳中のママ達を中心に非常に人気があります。







母乳でない母乳不足解消ブログ

よく読まれている記事

このページの先頭へ