→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳にオススメの食べ物、遠慮したい食べ物は?

母乳育児をしている、そう言うと、「餅を食べろ」又は「餅は食べるな」、一度は言われた経験があるのではないでしょうか。(私たちの親世代、更に上の世代の方から言われることが多いようです)

母乳は血液からできていることもあり、母乳をあげているお母さんの食べ物が影響するのは間違いありません。母乳に向いているもの、避けたいものはどんな食べ物でしょうか。

母乳育児中にオススメの食べ物・飲み物

母乳育児にお薦めな食べ物の代表、それは根菜です。
乳腺炎防止にごぼう茶というものもあるように、血液、乳質をさらさらにしてくれます。
その他にもこのようなものが挙げられます。

主食:白米
たんぱく質、豆類:ササミなど脂身の少ない肉、白身魚、納豆や豆腐、豆乳
野菜、海藻類:根菜(ごぼう、大根、人参等)、海藻(わかめ、ひじき、昆布等)
油類:えごま油、なたね油
お菓子:ベビースナック、きび砂糖、てんさい糖、和菓子

料理でいうと煮物や根菜汁など、昔ながらの和食が好ましいと言えます。
ポトフなどもお薦めです。

母乳育児中に遠慮したい食べ物・飲み物

母乳のためのみならず、赤ちゃんのアレルギーも考慮して避けたい食べ物がいくつかあります。
主食:もち米、菓子パン
たんぱく質:脂身の多い肉、青魚、
乳製品:チーズ、生クリーム
お菓子:ケーキ、大福などの餅
その他:マヨネーズ、果物

カレーライスやラーメン、揚げ物などの脂っこい食べ物は、かなりはっきり母乳に現れます。
授乳中はカロリーを消費しますので、甘いものが欲いときは洋菓子より和菓子を選び、身体を冷やしてしまう白砂糖はなるべく避けましょう。

ここに挙げた食べ物を口にすると必ず詰まるというわけではありません。
あくまでも、乳腺炎のリスクが上がったり、母乳の質がドロドロになったり臭みが出たりする可能性がある食べ物があるのだということです。
またうどんやパン、そばや卵などアレルギー源となりうる食品もあるので、食べすぎには注意が必要です。

知識として知っているのといないのとでは、母乳育児に対する考えや感じ方も変わってくると思います。
食べ物・飲み物で変わるのですから、自分の意識で母乳を変えられる、トラブルを避けることはできるのです。

トラブルのときは食べ物・飲み物を振り返ってみよう

実際のところ、母乳の味や乳質の変化を気にせず飲んでくれる赤ちゃんもいます。
また何を食べても飲んでも詰まり知らずのおっぱいもあります。
しかし、例えば「くわえさせると赤ちゃんが嫌がる」とか「飲みながら怒っている」時などは、自分が口にしたものに心当たりはないか?振り返ってみるいい機会かもしれません。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ