→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


埼玉県成田レディスクリニック母乳外来の口コミ体験談

妊娠→出産→産後の母乳育児の状況を教えてください

妊娠がわかってから出産までは順調でした。

貧血で鉄剤を飲んでいたことと足がむくんだこと以外はつわりもあまりなく、大きなトラブルもなく出産までを過ごすことができました。
特に母乳マッサージはしていませんでしたが母乳は出ました。

しかし生まれてきた赤ちゃんが2400g弱。
体重が少ないからか母乳はおろかミルクも飲みが悪かったため、入院中はいつも最後まで授乳室に残っていました。

体重の確認と飲み方の指導のため退院後から産院内にある助産師外来でやっている母乳外来に通うよう指示をされました。

そこで母乳マッサージや母乳の飲み方の指導を受けて少しずつ飲めるようになり、ミルク中心の混合から今では母乳だけで足りるようになりました。

どこの母乳外来を利用しましたか?

名前:成田レディスクリニック
住所:埼玉県蓮田市馬込2172-1
電話番号:048-769-5511 
サイト:http://www.naritalc.jp/

母乳外来での処置と値段を教えてください。

母乳マッサージ、乳児の体重チェック、母乳の飲み方指導
1回あたり3,000円

母乳外来での体験談を教えてください。

母乳の飲み方指導は泣き叫ぶ赤ちゃんとの格闘でした。

退院時に入院病棟の助産師さんから無理に母乳を飲ませなくてもいいと言われていたので、哺乳瓶で粉ミルクやたまに搾乳した母乳を与えていました。

母乳が出てはいましたが量は少なく、手で搾乳するとすぐに指が痛くなり夫に手伝ってもらいながら30分から1時間かけて40mlを頑張って搾っていました。

母乳外来に行くとまず母乳マッサージをしてもらいました。すると噴水のように母乳が飛んでびっくり。
助産師さんからは母乳は出るので、赤ちゃんの飲み方が下手なのかもしれないということで指導開始。

哺乳瓶と違ってうまく飲めないからか赤ちゃんは怒って泣き叫んでいました。しかし助産師さんは「頑張ろうねー」と言ってスパルタ指導。

初回は2時間も特訓をして最後の方は少し飲めるようになりました。

その後自宅でも練習するのですが怒って泣いてばかりでした。
実母には「かわいそうだ」と言われて、私もここまで頑張らなければならないのかと悲しくなりました。

しかし2週間ほど続けると上手に飲めるようになり体重も急激に増えました。
母乳中心の混合にしようと思っていたのですが、今では哺乳瓶を嫌がり完全母乳になったほど量が出ているようです。
通っている当時は辛かったですが、今思うと早めに通ってよかったと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ