→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


助産院バースあおば母乳外来でイトオテルミーをした口コミ

妊娠→出産→産後の母乳育児の状況を教えてください

1人目妊娠後、出産直前に妊娠高血圧症になってしまい、緊急で帝王切開での出産となりました。
1人目ということもあり、帝王切開のせいもあってか産後すぐには母乳が出ませんでした。

また、入院中に出るようになっても赤ちゃんが上手く吸い付けず全然飲んでもらえず、泣いて暴れる赤ちゃんに頑張って飲ませようとして手首は腱鞘炎になり、産後うつにもなりました。

産婦人科の助産師さんには、「母乳は出るようになったけど、赤ちゃんがおちょぼ口で上手く吸えない」と言われました。

退院後は混合で母乳とミルクを交互にあげました。
母乳は直接練習しましたが、おっぱいを近づけるだけで大泣きになってしまい、それを見て私も涙が止まらなくなってしまうので、毎回授乳後に搾乳機で搾乳した母乳を冷凍しておき、哺乳瓶に入れて飲ませていました。

3ヶ月になった頃、せっかく母乳が出てるのに直接飲めないなんて、自分の為にも子どもの為にも勿体ないのではないか、と考えるようになり、試しに近所の助産院で診てもらうことにしました。

助産院へ初めて伺った日、今までが嘘かのように赤ちゃんが母乳を直接ゴクゴク飲んでくれました。
それ以来、何事もなかったかのように、完全母乳のみで育児することができました。

助産師さんには本当に感謝しています。

どこの母乳外来を利用しましたか?

名前:助産院バースあおば
住所:神奈川県横浜市青葉区鴨志田町509-1中谷都第3ビル1F
電話番号:045-962-7967
サイト:なし

母乳外来での処置と値段を教えてください。

母乳外来では、イトオテルミーというお灸入れた棒で身体を温めて、母乳マッサージをしてくれます。
それから、助産師さんが必要と判断した場合は、赤外線ドームに入って更に身体を温めます。
値段は、初診の場合、初診料1000円と処置料5000円で合計6000円でした。2回目以降は、5000円のみです。

母乳外来での体験談を教えてください。

母乳外来では、助産師さん達が皆さん親身になって話を聞いてくれたので、それだけで安心したのを覚えています。
イトオテルミーで身体を温めてもらうのがとても気持ちよく、ウトウトしてしまうことがありました。

また看護学校の学生さんの実習の受け入れを沢山やっていて、学生さんがいるとイトオテルミーの間に足のマッサージをしてもらえます。これもとても気持ちが良く、楽しみの1つでした。

また、私は乳製品を食べてしまうとつまりやすかったようで、よく母乳マッサージの際に「今詰まりが取れたよ」と教えてもらい、処置後には今までとは違うふわふわのおっぱいになっていて感動しました。

食べ物を厳しく制限されることはありませんでしたが「こういう食べ物が母乳に良いよ」と沢山教えてもらえ、とても勉強になりました。
結局、初回で赤ちゃんが母乳を飲めるようになったので、3回ほどしか母乳外来に通っていませんが、毎日でも通いたいくらい大好きな助産院でした。

他にも、その助産院で産まれたり通ったりしている同じ誕生月の子の集まりがあり「ママ友作りにいいし、同じ月齢だから成長も一緒に感じられて楽しいよ」と誘ってもらえたりしました。

また出産する機会がある時は、バースあおばさんにお世話になろうと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ