→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


3ヶ月での混合ミルク量の目安

赤ちゃんが生まれて3ヶ月。母乳のみで育てていたり、ミルクと混合で育てているママもいると思います。
混合で育てているママにとって、1ヶ月、2か月の時とは違って、3ヶ月に入ると、ミルク量が変わってきた感じがするのではないでしょうか。

いったい3ヶ月のミルク量はどれくらいが良いのでしょうか?

生後3ヶ月の赤ちゃんは、満腹中枢ができはじめています

生後3ヶ月になると、今までは、どんなにミルク量を足してもその分飲んでいたのが、3ヶ月くらいでできてきた満腹中枢から、赤ちゃん自身が「満足してきた」ということがわかってきます。

そして、赤ちゃんの口の周りの筋肉が発達し、おっぱいを吸う力が強くなりママにとっても赤ちゃんにとっても授乳のペースができてきます。

ミルク量は目安として一日に800ml〜1200ml、生後3ヶ月〜6ヶ月でだいたい1回のミルク量は60ml〜100ml飲む。と言われていますが、3ヶ月近くの赤ちゃん自身がおなか一杯と感じますので、ミルク缶に書いてあるミルク量は参考程度にして、授乳回数に合わせてミルク量も調節したらよいでしょう。

混合から完全母乳へ

3ヶ月頃になると、ママの母乳の出も安定してくるため、混合から完全母乳に移行したいというママも増えてくる時期です。生後2〜3ヶ月ごろから少しずつ足していたミルク量や、ミルク回数を少しずつ減らして、母乳を飲ませる回数を増やしていきましょう。

また、母乳より哺乳瓶の方が簡単に吸えるため、ミルク量が増える子が多いようで、哺乳瓶の楽なのに慣れてしまうと、母乳を嫌がる傾向にはあるのです。

完全母乳を目指すときは、もともと完全母乳の子も「遊び飲み」をする頃なので、「やっぱりすぐに混合にしなきゃ」とミルク量を増やすのではなくて、著しく体重増加が悪くなったり、機嫌が悪くない限りは、赤ちゃんとリラックスしてコミュニケーションを取りながら、授乳をしていってくださいね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ