→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


授乳クッションはいつまで必要?

授乳クッション、使っていますか?
妊娠中は抱き枕として、産後はもちろん授乳にと大活躍の授乳クッション。
いつまで使えばいいのでしょう?
ほかに使い道はあるの?

赤ちゃんが産まれると、授乳を行わなければいけません。
そのときに、産婦人科などで、授乳クッションの使用をすすめられます。
だが、授乳クッションの使い方はどのようにしたら良いのかやおすすめが気になりますよね。

そこで、今回は授乳クッションの使い方とおすすめ商品を紹介をします。
実は万能の授乳クッションのこと、お伝えします!

そもそも必要?授乳クッション

赤ちゃんが生まれて授乳が始まると、その小ささと授乳のしにくさを感じると思います。
生後間もない赤ちゃんは、首が据わっていないため、お母さんの支えなしには乳首の位置まで首をあげることができません。
肘を曲げて赤ちゃんの頭と首を支えながら授乳することは可能ですが、腕が筋肉痛になることでしょう。
また、必要以上に猫背になることで、授乳しながら背中も腰も痛くなってきます。

こんな時に便利なのが授乳クッションです!
赤ちゃんを授乳クッションに寝かすように身体の高さを上げることで、腕で持ち上げることなく授乳することができます。

横抱きだけでなく、フットボール抱きや小さいうちの縦抱き授乳など、様々な授乳体勢に対応可能です。

飲ませ方によっては、飲む量に違いがでることもあります。
つまり、赤ちゃんが飲みにくい、好まない体勢もあるようです。
コツもあるので、授乳クッションがうまく使えない場合は、助産師さんや母乳外来で相談してみてください。

授乳クッションの使い方について

授乳クッションは、赤ちゃんに母乳をあげるために使用するクッションです。
授乳クッションを使用することで、姿勢を正して授乳をあげることが出来るのでおすすめです。
使い方を間違えてしまうと、姿勢が悪くなったりします。

授乳クッションの使い方について説明します。
1、ソファーであれば、浅く座り、畳ではあぐらをかくように座ります。
2、お母さんは、しっかりと背筋を伸ばしてください。

3、授乳クッションを深く抱えて、きちんと土台を作ります。
4、赤ちゃんの首が座っていない場合は、クッションの上で頭部を支えましょう。
5、授乳を行うときは、赤ちゃんの口と乳輪が垂直になるようにする。

赤ちゃんの生後によって、授乳クッションの高さと母乳の位置が合わない場合があります。
そのようなときは、バスタオルを使用して、高さを調整するのもおすすめです。

いつまで使う?授乳編

「首も据わってしっかりしてきたし、もう使わなくてもいいかな」、確かに首や腰が据わると、びっくりするほど授乳が楽になります。
「しっかり支える」から「手を添える」だけになるのですね。
こういう時は、昼間の授乳だけでなくぜひ夜間の授乳にも使ってみてください。

夜は横になったまま、赤ちゃんと向かい合うように添い乳をされる方も多いと思います。
そんな時は赤ちゃんの身体を横向きに支えるのに使うのはもちろん、赤ちゃんの口元に乳首を持っていくために肩を下から支えるなど、自分の身体の高さを調整するのにも使用できます。

また夜間、座って横抱きに授乳する場合にも、大きくなってきた子であれば授乳クッションに乗せたら首の下に腕を入れるだけでOK。
あとはこちらがうとうと寝ていても、セルフで飲んでくれるようになります。
更にそのまま寝てくれる可能性が高いので、いつまでも使いたくなってしまうアイテムです。

いつまで使う?授乳以外の使い方

授乳には必要なくなっても、他にも使い方があります。
代表的なところではお座りのサポートに。
背中を囲うように授乳クッションで挟み、座らせます。
腰が据わるまでもう少し不安定な時期に、大活躍します。

もうひとつ、我が家で重宝したのが寝るときです。
時間をかけて寝かしつけたのに、布団に寝かせた途端に大泣き…一体いつまでかかるんだろう…とこちらが泣きたくなる経験、ありませんか?

赤ちゃんの背骨はCの形に緩くカーブしているので、布団の上にまっすぐに寝かされるとしんどくて起きてしまいます。
丸くなるように寝かせてあげるのが安心できる形なのですが、その際に授乳クッションが役に立つのです。

授乳クッションを逆Uの字になるように置き、山の頂上に頭を、穴の部分に身体がくるように寝かせます。
このとき、首が極端に曲がってしまうようなら首から背中にかけてのカーブの部分にタオルを敷いて高さを調整してください。
布団に寝かすと泣いてしまう子も、丸い姿勢で横になることで寝てくれるかもしれません。

いつまで使う?こんな表情、見たくありませんか?

長く授乳クッションを使って授乳していると、こんな行動をするお子さんが出てきます。
おっぱいが飲みたくなると、授乳クッションを持ってこちらにやってくるのです!
大抵の授乳クッションはお子さんより大きいので、床に引きずらせながらにこにこやってきます。
もし授乳はソファーで、など低位置がある場合なら授乳クッションの上に寝そべり待っていることも。

いやいや大袈裟な、と思われるかもしれませんが、筆者の娘が実際にこの行動を取っていました。
その時は夜、寝る前のみ授乳していたので寝室に行った途端に授乳クッションを抱え、よちよちやってきました。
その可愛いこと!
親馬鹿だと思われるでしょうが、「いつまでと決めずに授乳していてよかった」と思いました。

妊娠時から…いつまでも!

授乳クッションという名前ではありますが、実は使い方はバリエーション豊かです。
授乳期を過ぎてからも長く使えますし、もし次に妊娠した際にはぜひ抱き枕としても使ってみてください。

実際に筆者は妊娠中から使い始め、娘が1歳3ヶ月になる頃まで毎晩のように使っていましたよ。
暑い時期には授乳クッションの上にタオルを敷いて直接肌を触れ合わないようにしたら、授乳タイムも快適でした。
授乳だけではもったいない授乳クッション。
あなたはどんな使い方をしますか?

授乳クッションのおすすめ商品について

今では、授乳クッションには、種類が多くいます。
でも、どれがおすすめであるのか気になりますよね。
授乳クッションは、三日月方やドーナツの一部がない形のものがあります。

また、授乳クッションの中の素材も異なってきます。
綿やパウダービーツのものがあるので、どれが合うのか試してみて決めてることも必要です。

授乳クッションは、母乳がついてしまったりして、洗濯が必要になります。
中には、カバーを外して洗濯をすることができる授乳クッションもあり、おすすめです。

ママ マルチウエスト

unknown

この授乳クッションの中には、パウダービーズが入っています。
厚みがあり、長時間使用していても沈まないので、厚みが欲しい方にはおすすめです。

ママ&ベビークッション ラ・プティット・ムーシュ

unknown

厚みと硬さが十分にあります。
赤ちゃんが沈まないので、使用しやすいと言った声が多いです。
また、丸洗いが可能であるので、お手入れの心配の方にはおすすめです。

エールベベ 3WAYクッション マカロン

img_pht_a1606-d012679_1_wmain_x

授乳クッションとサポートクッションが付いています。
取り外しも可能であるので、授乳クッションや赤ちゃんを座らせることが出来ます。
また、カバーも中身も洗うことが出来るので、清潔を保つことが出来るのでおすすめです。

このように、授乳クッションには、いろいろな種類があります。
クッションの中身の好みや硬さのこの好みに合わせて購入して下さい。

まとめ

赤ちゃんに授乳を上げるときに、猫背になってしまうお母さんは多いです。
その為、腰痛が生じてしまったりします。
それでは、赤ちゃんへの授乳が苦痛になってしまいますよね。

そんなときは、授乳クッションを使用してみて下さいね。
授乳クッションにも、いろいろな種類があるので、産婦人科や友人におすすめを聞いてみるのも1つの方法です。
きっと授乳時間が楽しく感じるようになりますよ。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ