→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


コーヒー好きが妊娠したらタンポポ茶がおすすめ!

妊娠する前は朝のコーヒー、リラックスタイムにもコーヒーを欠かさなかったの。
そんな妊婦さんも多いのではないでしょうか?
コーヒーが大好きだけど、赤ちゃんのことを考えるとカフェインも気になるし…そんなあなたにぜひタンポポ茶をおすすめします!

タンポポ茶ってなぁに?

タンポポ茶とはその名の通り、タンポポを原料として作られているお茶です。
タンポポの根や茎などを乾燥させて炒っているので、香ばしい風味と独特の苦味が楽しめます。
コーヒー好きさんが妊娠するとタンポポ茶をお薦めするのは、こんな理由があるからです。

タンポポ茶の良さは、単にコーヒーと風味が似ている点だけではありません。
実は、タンポポ茶には鉄分やビタミンB2といった栄養素が含まれています。
悪阻の影響で思うように食べられなかったり、偏った食事になってしまうというのは妊娠した方の誰にでも起こり得ること。
そんな時にも栄養たっぷりのタンポポ茶を飲むことで、妊婦さんの身体をサポートしてくれるのです。

妊娠してるけど…やっぱりコーヒーが飲みたい!

タンポポ茶が身体に良いのは理解しても、長年の習慣や好みは変えにくいものですよね。
飲みたい、でも妊娠してるから我慢しなきゃ…そんなストレスが溜まるのも、妊娠中は避けたいもの。
そんなあなたに筆者が実際に飲んでいた…いえ、飲みまくっていた飲み方をご紹介しますね。

「タンポポ茶でカフェオレ気分!」
㈰小さい鍋にお湯(100cc)を沸かします
㈪お湯が沸いたらタンポポ茶のティーパックや粉等を入れ蓋をして抽出します
(通常お茶として飲むときよりも、濃い目のコーヒーのような色になるまで待ってください)
㈫抽出している間に、マグカップに牛乳(100cc)を入れレンジで温めます
(自動の牛乳温めモードがある場合はそちらをお使いください。ない場合は600Wで1分半位〜でもOKです)
㈬温まった牛乳にタンポポ茶を注ぎ、お好みではちみつやお砂糖を加えてできあがり

ポイントは濃い目に抽出すること。
これによってタンポポ茶の苦みや香ばしさが強調され、コーヒー好きさんにも好きになってもらえると思います。
妊娠していても存分に楽しめる、ノンカフェインドリンクです。
牛乳を豆乳に変えて、豆乳カフェオレというのも美味しいですよ!

妊娠中の今だからこそ!タンポポ茶を楽しもう

「コーヒーのカフェインが気になるからタンポポ茶を飲み始める」。
私もそんな妊婦の一人でしたが、気づけばタンポポ茶の独特の風味が好きになり、妊娠関係なく新しい習慣になりました。
皆さんも楽しいタンポポ茶タイムを過ごしてくださいね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ