→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


たんぽぽ茶の効果効能はバツグン!

「母乳にはたんぽぽ茶がいい!」とよく聞きますよね。
ただ、具体的にはたんぽぽ茶の効果効能を知らない人も多いと思います。
そこで、バツグンの効果効能をもつ、たんぽぽ茶について、くわしく調べてみました。

たんぽぽ茶とは?

たんぽぽの根っこを使い、焙煎されてコーヒーに近い味のするお茶です。
飲みやすくカフェインを含まないため、妊娠中や授乳中でコーヒー好きだけど飲めない、といったママ達に人気です。

妊娠中にオススメの、たんぽぽ茶の効能は?

・ビタミン、鉄分、ミネラルを含む
妊婦さんが不足しがちな栄養を含んでいます。
授乳中にも大切な栄養素ですよね。

・「胃」の改善効果
ホルモンの影響や妊娠中に大きくなった子宮が圧迫して胃が痛くなったりすることも多く、胃が弱ると体全体に影響が及ぶため。効果的です。

・むくみ改善
利尿作用があり、体の中の老廃物や余分な水分を尿として排出するため、解毒作用、腎機能を高める、むくみの解消ができます。

授乳中にオススメの、たんぽぽ茶の効能は?

・母乳不足の改善
血行が良くなり、血液を浄化してくれるため、母乳の出をよくしてくれます。
また、鉄分やカリウムなどのミネラル豊富なたんぽぽ茶からの水分補給は体にも良いです。

・冷え性の緩和
毛細血管での血液循環を促進させる作用があるため、血行が良くなり、冷え性にも効果的です。からだの冷えは、母乳を作り出すことにも関連するので母乳にも良いです。

・乳腺炎の予防
血行を促進し、血中のコレステロールや脂肪を減らす作用があるため、血液がさらさらになり、乳腺炎の予防につながります。

・疲労回復
疲れを緩和してくれる効能があるので、育児で疲れてたまったストレスにも良いです。

ほかにも健康にいい、たんぽぽ茶の効能は?

・生理痛の改善
生理痛はホルモンバランスの崩れや、からだの冷えに影響されるため、ホルモンバランスを整える効能から生理痛の緩和にもつながります。

・不妊改善
女性は排卵しやすいくなり、男性はよい精子が作られやすくなります。

・むくみ改善
利尿作用があり、体の中の老廃物や余分な水分を尿として排出するため、解毒作用、腎機能を高める、むくみの解消ができます。

いかがでしたか?
たんぽぽ茶は、妊娠中や授乳中だけではなく、女性にとってバツグンに効果効能のあるお茶なので、ぜひ一度飲んでみてはいかがですか?

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ