→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


産後1週間で母乳が出ないでも大丈夫!

産後1週間。赤ちゃんが産まれてすぐに母乳が出る。というイメージはありますが、意外なことに、母乳をあげようと頑張っていても、なかなか母乳が出ないと悩んでいるママは多いです。

母乳が出ないことは産後1週間でも多いことですが、そのままにしていたら、母乳は出ないままになってしまいます。

ここで、母乳を出して増やしていく、いくつかのポイントを見てみましょう。

とにかく赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうこと

母乳は、赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激がママの脳に伝わり、母乳を出すようホルモン分泌が活発に行われ出てくるものです。

完全母乳で「産後1週間でよく母乳が出ているよ」というママも、出産直後は数日経っても全く母乳が出ないことが多いです。
そこで、産院で言われることは、「3時間ごとに赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうこと」です。そうすることで、母乳は少しずつ出るようになって、吸ってもらう分増えてきます。

そこで、産後1週間経っても母乳が出ない場合は、さらにおっぱいを吸ってもらうことが大切になってきます。2時間でも1時間でもいいので、とにかく根気よく赤ちゃんに吸ってもらうようにしてみましょう。

ストレスを少しでも減らしていくこと

産後1週間は、おなかがすいているのか、オムツなのかなぜ泣いているのかもわからないし、慣れないお世話で疲れてしまいますよね。

その上でさらに母乳が出ないと悩んでしまうと、ストレスになってしまいます。
睡眠不足やストレスが原因で母乳が出ない、母乳の出が悪いことにもつながりますので、周りからいろいろ言われてもあまり悩まず、少しずつ出てくると信じてみましょう。

産院や母乳外来などに相談してみること

産後1週間ほどは、みなさんまだ入院していると思いますので、産院の助産師さんにたくさん相談してください。

母乳が出ないことをひとりで悩まないで、話すことでストレス発散し、食事のことなど、たくさんのアドバイスがいただけます。

また、母乳マッサージをしてもらうことで、初期にあまり開いていなかった乳腺が開いて一気に母乳が出ることもあるみたいです。

退院した後でも、産院で対応してもらえるところや、母乳外来もあるので、退院して産後1週間過ぎていても心配しないでくださいね。

個人差はあるのですが、母乳の出が安定するまでに出産後2週間〜1ヶ月ほどかかることもあるので、産後1週間が経っても母乳が出ないと焦らず、どうしても赤ちゃんがおなかがすいているようでしたら、ミルクを少し足してみて、順調にまた母乳が出てくるようでしたらミルクを減らしてみるくらいの余裕の気持ちが出せたらいいですね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ