→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


タバコは母乳が出ない原因になりえる?

よく妊娠中や、出産後授乳のときにタバコはやめましょうという話を聞きますよね。
妊娠中はタバコをやめていたけど、産後はどうしてもついつい吸ってしまうママもいるようです。

なんとなくタバコは悪影響があるのはわかるけど、どうしてダメなの?
母乳が出ないからダメなのか、赤ちゃんにとってタバコがどれだけ悪影響をもたらすのかを、詳しくみていきたいと思います。

タバコで母乳が出ない?

母乳が出ない原因は様々ではありますが、タバコを吸うことで、血液中の一酸化炭素濃度が上がり欠陥が収縮をします。その結果、細部まで血液が行き届かなくなり、体調が悪いときは貧血の症状がママにもおきます。
母乳はママの血液からできています。貧血となると、母乳が出ない原因の一つとなります。

さらに、タバコに含まれるニコチンは血流を悪くするため、母乳が出なくなることが確認されています。

タバコの悪影響は、母乳が出ないということだけではありません

タバコを吸っていても、完全に母乳が出ないわけではありません。母乳の量が減るけど、ニコチンは母乳にはうつらないだろうと、安易に飲ませているというママがいたら大変です。

母乳に含まれるニコチンの濃度は2〜3倍にもなり、それを飲んでいる赤ちゃんは、
・SIDS(乳幼児突然死症候群)
・ぜんそく
・アレルギー
・低身長、低体重
・肺炎
・脳腫瘍
・中耳炎
・白血病
・リンパ腫
・不機嫌、不眠
・嘔吐、下痢
・ニコチン中毒
などの症状が出て、病気になるリスクや発症率が高くなります。
母乳が出ないことでの悩みよりも、将来の赤ちゃんの成長が不安です。

母乳をやめるのか、タバコをやめるのか

母乳が出ないし、悪影響があるからといって、母乳はやめて安易にミルクに変えてもいいのでしょうか。
タバコは、ママにとっても悪影響をもたらし続けます。
ストレス発散のためタバコを吸っていた場合は、別の方法を見つけて、赤ちゃんだけでなくママの健康のためにも、「タバコを辞める」いい機会となるのではないでしょうか。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ