→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳外来の指導が厳しい!ツライ場合の心構えとは

母乳外来に通うママ。
指導が厳しいと、辛く感じることも。
こんなとき、どうしたらよいのでしょう。
母乳外来の指導が厳しい!ツラい場合の心構えについて、少しだけ一緒に考えてみませんか?

産後はホルモンバランスが激変

出産という大仕事を終えたばかりのママは、身体的にも大変疲れているので、休息が必要です。
しかし、昼夜関係のない赤ちゃんのお世話と授乳で、なかなかゆっくり休むことができません。

それに加えて、産後はホルモンバランスも大きく変化しています。
精神的にも不安定な状態なので、厳しい言葉に傷ついたり、涙したり・・・と、感情を上手にコントロールできないことも。
母乳外来に通うのをツラいと感じてしまうのも、無理ありません。

私も、最初の子供の時は、何もかもが初めての経験なので、とにかく必死でした。
今振り返ってみると、母乳外来の厳しい指導を、すべてまじめに受け止めすぎていたのではないかと思います。

赤ちゃんとママの強いきずな

母乳外来で、いろいろ厳しいことを言われるかもしれませんが、赤ちゃんのことを一番分かっているのは、ママです。
だって、生まれる前から、何か月もずーっと一緒に過ごしてきたのですから。

24時間、赤ちゃんと常に一緒にいるのも、ママです。
母乳外来の先生からの厳しい指導は感謝して受け入れつつも、自分の子育てにぜひ自信を持ってください。

まとめ

子育ては、まだ始まったばかり。
母乳外来に通う期間は、20年のうちのほんの一瞬です。
子供の成長に伴って、次から次へと、これからまた新たな厳しい問題にぶつかるのです。

ママがストレスを感じると、母乳にも影響しますし、赤ちゃんにも伝わります。
ですから、母乳外来の指導は、たとえ厳しいと思えても、おおらかな、ゆったりした気持ちで受け止めてください。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ