→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


哺乳瓶消毒はミルトンと電子レンジどちらが良い?

赤ちゃんにミルクをあげるときに使用する哺乳瓶。
哺乳瓶消毒は、特に月齢の低い赤ちゃんには、絶対に必要です。

哺乳瓶消毒には、三つの方法があります。
一つは煮沸消毒。
昔ながらのやり方です。
たまにしか哺乳瓶を使わないのであれば、この方法でよいと思いますが、毎日何本も哺乳瓶を使うのなら、煮沸消毒は大変。
それで、哺乳瓶消毒は、ミルトンか電子レンジという方がほとんどではないでしょうか。

では、ミルトンでの消毒、電子レンジを使った消毒、一体どちらが良いのでしょうか?

ミルトンによる哺乳瓶消毒

私には3人の子供がいますが、一番目と二番目の子は、ミルトンを使って哺乳瓶消毒をしました。
最初に、ミルトンのケースなど一式揃えるのにお金がかかりますが、それ以降は、水道水と消毒液があれば、大丈夫。
錠剤タイプのミルトンもあるので、旅行に行く時なども持っていき、ホテルの部屋でも哺乳瓶消毒ができて安心でした。
旅行先で電子レンジを使わせてもらうことは難しいと思いますが、水道水ならどこでも手に入ります。

ミルトンの薬剤のにおいが気になるという方もおられますが、私は特に気になりませんでした。
電気もガスも使わずにできますし、哺乳瓶だけでなく、赤ちゃんのプラスチックおもちゃなども浸け込んで消毒できます。
面倒な点としては、毎日の水交換、トングで哺乳瓶を取り出しにくい、消毒液の購入に手間と費用がかかる・・・などでしょうか。

電子レンジによる哺乳瓶消毒

三番目の子が、現在ミルクを飲んでいるのですが、今は電子レンジで哺乳瓶消毒をしています。
私が使っているものは、3本の哺乳瓶を一度に消毒でき、そのまま哺乳瓶の収納ケースにもなる、というものです。
こちらも購入時に2000円ほどお金がかかりますが、その後にかかる費用は電子レンジを動かす電気代のみ。
とても簡単で、楽な哺乳瓶消毒です。

気を付けたい点といえば、哺乳瓶を取り出すとき、ケースや中の哺乳瓶がとても熱くなっているので、取り扱いには十分注意すること。
また、電子レンジの取り扱い方法をくれぐれも間違えないこと。

500Wで3〜5分加熱するのですが、ワット数を間違えたり、中に水を入れることを忘れると、大変なことに。
一度、義父に消毒をお願いしたところ、「あたためキー」を押してしまったらしく、数回使っただけのケースが、溶けて使い物にならなくなってしまったという苦い経験があります。
電子レンジ操作を他人に頼むときは、気を付けてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
ミルトンも電子レンジも、きちんと哺乳瓶消毒できる方法なのですが、いずれも一長一短ありますので、よく検討してみてくださいね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ