→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


手動搾乳器と電動搾乳器のメリットデメリット

母乳で育てたいママは、搾乳器を準備しておきたいと思うかもしれません。
搾乳器があれば、赤ちゃんに直接授乳できないときでも、粉ミルクではなく母乳をあげることができます。

搾乳器には、手動搾乳器と電動搾乳器の二種類があります。
どちらのタイプが使いやすいのでしょうか。

今回は、手動搾乳器と電動搾乳器、それぞれのメリットとデメリットを考察してみたいと思います。

まずは、手動搾乳器のメリットデメリットについて、見てみましょう。

手動搾乳器のメリットデメリット

手動搾乳器のメリットは、何といっても、搾乳する力加減やリズムを、自分自身の手で調整できることです。
価格も、電動搾乳器より安いです。
「搾乳が初めて」という新米ママでも、使いやすいようにできていると思います。

手動搾乳器のデメリットは、やはり手が疲れたり、痛くなってくることでしょう。
毎日搾乳したいという方、搾乳頻度の多い方、たくさん搾乳したい方には、向いていないかもしれません。

では、次に、電動搾乳器のメリットデメリットについて、見てみましょう。

電動搾乳器のメリットデメリット

電動搾乳器のメリットは、搾乳の強さ・速さなどを、段階的に調節できることでしょう。
手も疲れませんし、操作に慣れれば、毎日の搾乳も楽にできると思います。

電動搾乳器のデメリットは、やはり手動搾乳器に比べると、価格が高いこと。
人の手のように微調整できないので、刺激が強過ぎたり、痛いと感じる方もおられるようです。

電動?手動?おすすめの搾乳器はどちら?

空気圧によって母乳を乳頭から搾り取り容器へ入れる物が搾乳器です。
搾乳器を使う事で、どのくらいの母乳が出ているのかを知ることもできます。
搾乳器には、電動と手動の2つのタイプがあり、好みにより使い分けることができます。

電動の搾乳器は、自分で搾乳する手間が省け、時間の短縮に繋がります。
しかし、刺激が強すぎる場合があり、痛みを伴う事もあります。
慣れるまでうまく搾乳できない事もあるようです。
しかし、母乳量が多く毎日使う場合は電動の搾乳器がおすすめです。

手動の搾乳器は、自分で搾乳する角度を調整できたり、搾乳する時の力や量の微妙な調整が可能です。
しかし、自分で搾乳しないといけない為、手間と時間がかかります。
ただ、搾乳器を使う頻度が少ない場合や、母乳の量が少ない場合は、自分で搾乳する量が調整できる為、手動の搾乳器がおすすめです。

私自身は、病院に入院中は、電動の搾乳器を使い、自宅では手動の搾乳器を使用していました。

おすすめの搾乳器・電動編

電動の搾乳器でおすすめなのは、メデラ・ピジョン・リッチェルなどのメーカーの物が人気があります。

メデラは、価格はかなり高めになりますが、赤ちゃんがおっぱいを吸うリズムを再現しており、操作も簡単!
ワンタッチで9段階の吸引圧に調整できるところがおすすめのポイントです。

電池・ACアダプターに対応し、コンパクトで持ち運びにも重宝する大きさです。
搾乳のする事の多いお母さんにおすすめの搾乳器です。

ピジョンは、搾乳準備モードが搭載されています。
準備モードでは、2段階の強さで調整ができ、おっぱいの準備が整ってから、搾乳を開始する事ができます。
搾乳開始後は、7段階の強さ・4段階の早さを選べ、28通りの搾乳ができます。

やわらかフィットカバーで、おっぱいにもフィットしやすい作りになっています。
操作も簡単でとても扱いやすい電動搾乳器です。

リッチェルは、マッサージモードと搾乳モードが搭載されています。
2段階のリズムと9段階の吸引圧から自分好みの搾乳ができます。
バックライト付きで、夜の搾乳にもおすすめです。
本体以外は、煮沸消毒・電子レンジ消毒・薬液消毒にも対応しています。

まとめ

搾乳器の購入を考えておられる方は、まず、レンタルなどで使い勝手を試してみられることをお勧めします。
レンタルが難しいなら、お友達に搾乳機を持っていないか、持っているなら少しの間貸してもらえないか、尋ねてみるとよいかもしれません。
手動搾乳器と電動搾乳器のメリットデメリットをよく検討したうえで、自分にピッタリの搾乳器を選んでくださいね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ