→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


混合から母乳への切り替えのコツとは?

赤ちゃんが産まれて、はじめの頃は混合であげていたけど、混合から母乳に切り替えたいなと思っているママも多いかと思います。

でも、一度混合にしてしまうと、混合から母乳への切り替えってできるのかな?と思っていませんか?

何もしていないと確かに難しいですが、コツをつかんでいくと、母乳の量が増えてうまく切り替えていくことが出来ることが多いですよ。

さっそくコツをいくつか紹介していきます。

母乳の量を増やすようにしていきましょう

混合から母乳への切り替えでポイントとなるのは、母乳の量を増やすことです。

・とにかく赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらいましょう
混合から母乳にするために、まず大切なことです。赤ちゃんに吸ってもらう刺激で母乳を出すようにホルモンが出るため、ミルクを足している場合、吸ってもらう機会が減ってしまうほど、母乳の作られる量も減ってしまいます。

完母で育てているママも、3時間おきには授乳をしています。はじめは赤ちゃんもママもおっぱいを飲むのに慣れていませんが、授乳回数を増やしていくと、慣れてきて飲ませやすくなってきます。
2時間でも1時間おきでも、とにかく赤ちゃんが泣いたらくわえてもらうくらいの気持ちにママの頭も切り替えてみましょう。

・食事を和食中心に切り替えてみましょう
甘いものや脂っこいものをたくさん食べると、母乳の出が悪くなってしまいます。母乳には和食が良いといわれていますので、混合から母乳にするため、根菜類などの母乳に良いものを積極的に食べるように意識してみてください。

・体を温めつつ、水分をよく取りましょう
母乳はママの血液でできていますので、血行を良くしていきましょう。
いつも飲んでいる飲み物を、たんぽぽ茶やハーブティ—など、リラックスして母乳の出を助ける温かい飲み物に切り替えて飲んでみるのもよさそうですよ。

まずは母乳が増えるように意識して、混合から母乳へ切り替える準備を進めていってくださいね。

混合から母乳へは、焦らず少しずつ

母乳を増やすようにしても、いきなり増えるわけではありません。急にミルクをやめるのではなくて、赤ちゃんの様子を見ながら、ミルクの量と回数を減らしつつ混合から母乳のみをあげる割合を増やしてみてくださいね。

一番のコツは、ストレスにならないように混合から母乳に進めていくことです。
母乳の出は個人差があります。うまく切り替えが進まないことで焦ってしまうとさらに母乳の出も悪くなるので、無理をしないで進めてくださいね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ