→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


授乳クッションの使い方と選ぶコツを先輩ママが伝授!

1

赤ちゃん用品の専門店に行くと、必ず目にするものの一つに授乳クッションがあります。
三日月のような形のものやU字のものなど、形も会社によってさまざま。

出産前だとイメージもわきにくくて、どれを選んだらいいのか悩みますよね。
授乳期が終わった先輩ママが授乳クッションの使い方と、選ぶコツをご紹介します!

授乳クッションの使い方

そのネーミングの通り、授乳クッションは授乳に使うものです。
お母さんが授乳クッションをお腹に装着し、その上に赤ちゃんを横に寝かす形にします。

赤ちゃんの肩から後頭部を曲げた肘の辺りで、同じ手で離れている側の上腕部を持つようにするとしっかりと支えられます。

この時、赤ちゃんの身体を少し斜めにして、お母さんの方を向くようにしてあげてください。
授乳クッションの上に仰向けにし、首だけを乳首に向けるようなやり方は赤ちゃんの首に負担になります。
支えている側と反対の腕(赤ちゃんの足側ですね)で、赤ちゃんの腰の辺りを支えてあげましょう。

また、授乳の際にお母さんの腰が曲がってしまっていないかもチェック。
背中から曲がっているようなら、高さが合っていないということになります。

そういう時は授乳クッションと支えている腕の間にタオルを置いてみてください。
赤ちゃんの頭の位置が上がり、お母さんの姿勢も楽になると思います。

授乳クッションを選ぶコツ

重要なポイントはまず、クッションの中身がしっかりしていることです。
下で紹介しますが、授乳クッションの使い方は何も授乳だけではありません。
授乳の際も赤ちゃんの身体をしっかり支えてくれることが大切です。

また、実際に二人の子に使用してみて感じたことですが、三日月形で端がボタンなどで留められるようになっている授乳クッションより、最初からU字形をしている物の方が使いやすかったです。

授乳に使う時には端を留めると思いますが、使うたびにボタンを外して装着して留めて…というのは手間になります。

そして繰り返し使っていると端を留めているボタンが取れてしまうんです。
赤ちゃんが起きている昼間の針仕事はなるべく避けたいですが、授乳に使うのであればやらざるを得ないですよね。

そういったリスクも、最初からU字のものであればありませんのでオススメです。

授乳クッション、こんな使い方もあるんです

授乳クッション=授乳にしか使えない、そう思っていませんか?
実は、産前から育児中にも使えるお役立ちアイテムなのです!

使い方1.抱き枕として

妊娠中、どんどん大きくなるお腹では寝付きが悪くなったり苦しさを感じるもの。
そんな時、横を向いて授乳枕を足で挟むようにして寝ると多少楽になりますよ。

使い方2.赤ちゃんが座る支えとして

一人でお座りできるようになるまでは、授乳クッションを後ろから腰にまわすようにして赤ちゃんを座らせてあげると支えになります。

赤ちゃんの体型によってすき間があいてしまう場合は、バスタオルなどで囲うようにしてあげると安定しますよ。

使い方3.身体を支える枕として

抱っこしてせっかく寝かせた赤ちゃん、床に置くと泣き出すことも多いですよね。
そんな時はU字の窪んでいる部分にタオルを畳んで置いて、授乳クッションに肩の位置を乗せるようにして寝かせてみてください。

多少背中が丸くなる姿勢が気持ちいいのか、平らな場所に寝かすよりもしっかり寝てくれます。
この時、首だけがガクンと下を向かないように気をつけてくださいね。

万能な授乳クッション、うまく使って

使い方も工夫次第でバリエーションが広がる授乳クッション。
今回はU字のものをオススメしましたが、お母さんや赤ちゃんの体型や使い方によっては他の形の方がしっくりくる場合もあります。

ここで紹介した使い方を参考に色々試してみて、自分たちにぴったりの授乳クッションを見つけてくださいね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ