→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


授乳間隔が短いと検診で怒られたときどうする?

母乳育児で頑張っている中、検診で「授乳間隔が短い」と指摘されたママもいらっしゃるのではないでしょうか?

個人差はあるとわかっていても、育児書で書かれている授乳間隔よりも短い授乳間隔で、ほかの人から指摘されると余計に気になりますよね。

さらに月齢があがってくると、母乳が足りていないから、ミルクを足した方がいいのでは?と悩むママも多いのではないでしょうか。

本当に授乳間隔が短いと問題なのでしょうか。赤ちゃんの授乳間隔について詳しく見てみましょう。

まずは赤ちゃんの様子をよくみてみましょう

基本的に3時間おきの授乳を目安とされていますが、生後3ヶ月までの赤ちゃんは満腹中枢が未発達のため、延々とおっぱいを飲んでいることも多く、短い授乳間隔になっていることもあります。

3ヶ月くらいまでは間隔が安定していないのでよくあることです。

ミルクは消化に3時間はかかるため、授乳間隔は大切です。しかし、母乳は1時間くらいで消化吸収してしまうため、赤ちゃんが欲しがる分あげても基本的に心配はいりません。

ただ、ずっと1時間おきのままの短い授乳間隔で心配な場合は、赤ちゃんの様子をよく見てみてください。

もしかしたら、おなかがすいている以外で泣いているときも授乳していませんか?

おむつが不快、もっと遊んでほしい、眠い、逆におなかがいっぱいなど、赤ちゃんが泣いている理由はたくさんあります。泣いたらまず授乳をしていると、その分短い授乳間隔になってきます。

おなかがいっぱいで、飲んだ後におっぱいを吐いてしまったり、うぷっと苦しそうだったり、必要以上に力んでいる様子を見せたら、飲ませすぎのサインかもしれません。

赤ちゃんが泣いたら、おむつを見たり、優しくほほえんで抱っこしたり、遊んでみたりと方法を変えてみると、意外と違った理由で泣いていることに気付くかもしれませんね。

飲んだ後、満足していてご機嫌や肌つやなども悪くない場合は、この子は少しずつ飲む子だな。と、もうしばらくそのまま様子を見てあげましょう。

本当に母乳が足りていなくて授乳間隔が短いときは?

基本的に、赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれるほど、母乳の量は少しずつ増えてきますが、ママの体質や睡眠不足、水分不足、疲れやストレスがたまって栄養不足の場合などで母乳の出が悪いことで、短い授乳時間になっていることもあります。

そんなときは、おっぱいを飲むのにかなりの時間を要していたり、赤ちゃんのおしっこが1日5回前後出ていなかったり、体重の増加があまりにも悪くなったり、元気がなかったりします。

ママが少しでもリフレッシュできる時間を作ってみたり、母乳が出やすくなる食べ物や飲み物を意識して食べてみたり、母乳外来でおっぱいマッサージや、ミルクを足すならどれくらいが良いのかなどの相談をしてみたり、と、ママの無理のない程度に母乳を増やしながら、赤ちゃんのお世話をしていきましょう。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ