→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


ガラス製とプラスチック哺乳瓶の違い比較

赤ちゃんにミルクや、搾乳した母乳を飲ませるときに使う哺乳瓶。
ガラス製とプラスチック哺乳瓶がありますよね。それぞれに違いはあるのでしょうか。詳しく調べてみました。

ガラス製哺乳瓶の特徴は?

・ガラス製哺乳瓶のメリット
ガラス製の哺乳瓶は、傷やにおいがつきにくく、汚れもプラスチック哺乳瓶より落ちやすいです。そして、傷つきにくいという特徴から、ブラシでビンの内側も強く洗うこともできます。

また、消毒時には、煮沸消毒ができます。消毒液での殺菌をする時にも、ガラス製は重たいため、消毒液での殺菌の時には下に沈みやすく消毒しやすく痛みにくいです。

こういった特徴から、清潔であり、ガラス製は長く使うことができて、次の子にも使えるとよく言われています。

また、飲ませるときには、熱が逃げやすいため、中のミルクの温度が適温になるのが早いです。その分冷めやすいとも言われています。

・ガラス製哺乳瓶のデメリット
重たい。ガラス製のため、落としたら割れてしまうので、特に自分で持つようになると投げたりすると危ない。

プラスチック哺乳瓶の特徴は?

・プラスチック哺乳瓶のメリット
プラスチック哺乳瓶は、軽くて持ち運びが便利なため、外出時には最適です。
そして、子供が自分で持ってもプラスチックでできているので落としたりしても安全です。

また、ガラス製よりプラスチック哺乳瓶の方が少しだけ安く販売されていることが多いです。

・プラスチック哺乳瓶のデメリット
ひびや傷が入りやすいため、その分汚れが付きにおいが移りやすいです。そして、長い間使っていると、変色してしまいます。そのため、保存をしっかりしないと次の子に使うことは難しいようです。

このように、ガラス製とプラスチック哺乳瓶にはそれぞれメリットデメリットがあります。

「家ではガラス製を使って、外出時には軽くて持ち運びやすいプラスチック哺乳瓶を持って行く。」
「私は清潔さと長く使えるガラス製がいい。」
「私は利便性を優先して傷ついてきたら使い捨て気分でと考えて、プラスチック哺乳瓶を選ぶ。」
など、それぞれのママの使い方で選んでみてよさそうですね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ