→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


いつから増える?産後の母乳育児

母乳育児をしていると、誰もが不安を感じます。
赤ちゃんはしっかり飲めているのか?

満足させられるだけの母乳が出ているのか?
出が悪いけどいつから増えるのか?
我が子を思うからこその悩みですが、自分を追い込んだりストレスになってはいけませんね。

母乳が「いつから増える」かは分からない

産後すぐから母乳が溢れるように出る人、軌道に乗るまで何ヶ月も時間がかかる人、様々です。
それぞれ身体も異なりますし、妊娠中にマッサージなどの準備をした・していないでも変わってくるようです。
もちろん、赤ちゃんの性格や飲み方、体力なども関係してきます。

二人の子と母乳育児

筆者は二人の子を母乳で育てました。
一人目は男の子。体力もありがつがつ飲んでくれるタイプでしたが、分泌がよくなり満足するようになるまでに1ヶ月はかかりました。
これには切迫早産で入院していたため、マッサージなどなんの準備も手入れもしていなかったことが影響したと思います。
母乳外来やマッサージをしてくれるところを探し、生後3ヶ月頃までは頻繁に通いました。

二人目は女の子。二人目だから産後も問題なく母乳は出てくるだろう、そう考えていました。
一人目同様張りやすかったためにマッサージはできませんでしたが、ベビーオイルでパックもしていましたし、一人目も2歳まで飲ませていたので母乳の分泌には自信がありました。
いつから増えるのかなんて悩みは、無縁だと思っていました。

ですが、実際に生まれてみると母乳は滲む程度。搾乳なんて到底無理な状態でした。
こんな状態だったので、娘はなかなか出ない母乳をちょっと飲んでは力尽きて寝てしまい、全然飲めない。
入院中にどんどん体重が減少していき、退院できるのかとハラハラしたほどです。

二人目なのにどうして?私の母乳はいつになったら増えるの?
すっかり自信喪失して落ち込んだ夜もありましたが、できることをやろうといくつか取り組み始めました。

いつから増える?ではなく「増やそう!」㈰食事や休息

退院後は和食中心にして、母乳のための食事とたんぽぽ茶、ごぼう茶を取り入れました。
里帰りをしていないので身体の負担と大変な部分はありましたが、望むもの、必要なものを自分の意思で取り入れられるので私には良かったと思います。

根菜など母乳に良いものを摂取し、赤ちゃんが寝ているときは一緒に寝る。
お風呂には入れないので、身体を冷やさないように靴下を履く。
ひとつひとつはすぐに母乳を増やすことにはならないかもしれません。
ですが母乳を作っているのは母の身体ですから、コンディションを整えることは重要です。

いつから増える?ではなく「増やそう!」㈪授乳のポイント

1回分の量が満足に出ていないなら、その分授乳回数を増やせば良いと割りきりました。
左右交互に5分ずつ2回(2往復)で授乳していましたが、大体2時間毎のところを1時間半にしたりして回数を増やしました。

また、浅くくわえて飲み始めたときは一度口から離し、再度大きく口を開けさせ飲ませました。
しっかりくわえると舌と顎を使って飲めるので、飲む量が増えるのです。
食事や飲み物で分泌アップを狙い、飲み方も教えてあげることで、産後3週目には母乳育児を軌道に乗せることができました。
そして「いつから増えるのだろう…」という悩みも、いつの間にか解消されていました。

今できることをやってみる

母乳の分泌が悪いために赤ちゃんの体重が増えないなど、状況によってミルクの補足が必要な場合もあります。
その場合は医師の判断や指示に従う必要がありますが、母乳育児をそこで諦めなければいけないということではありません。
母乳は必ず増やすことができます。
いつから増えるのかを気にするより、今できることをひとつずつやってみましょう。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ