→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


新生児が母乳を飲まない場合の対処法

新生児期の赤ちゃんのお世話は、一番大変です。
ママも出産後で疲れているのに、昼夜関係ない授乳が、すぐに始まります。

新生児には、とりわけ母乳が大切ですが、新生児の赤ちゃんが母乳を飲まないとき、どうしたらよいのでしょうか。
対処法を考えてみましょう。

新生児が母乳を飲まないとしても、諦めずに飲ませ続ける

はじめての出産の場合、赤ちゃんはもちろん、ママも手探り状態です。
最初から上手に授乳ができるママはいないと思います。

新生児の赤ちゃんも、小さな口を開けて、一生懸命、母乳を飲もうとがんばります。
でも、最初からたくさん母乳は出ないかもしれませんし、生まれたばかりの赤ちゃんも、それほど母乳を飲まないものです。

完全母乳育児を目指したいなら、ここであきらめてはいけません。
とにかく、赤ちゃんが泣いたら、おっぱいをあげる。
飲まないとしても、乳首をくわえさせる。
これの繰り返しだと言われています。

新生児の頃は、なかなか母乳を飲まない赤ちゃんだったかもしれませんが、日にちが経過するにつれ、需要と供給のバランスが取れてくるはずです。
新生児が母乳を飲まないとしても、あきらめないことが肝心です。

新生児が母乳を飲まない場合のその他の対処法

その他にも新生児が母乳を飲まない原因として考えられるのは、母乳の出が悪い。
乳管が詰まっている。
抱き方、姿勢が悪い。

などがあります。

授乳の前に必ずマッサージを行ない、母乳を出やすくすることも大切です。
赤ちゃんの抱き方もいろいろありますので、一番飲ませやすい、また赤ちゃんにとって飲みやすい抱き方を試してみてください。

まとめ

他にも、新生児が母乳を飲まない場合の対処法は、たくさんあると思います。
いろいろ試してみることはできますが、何よりもママがゆったりとした気持ちでいることが、一番大切です。
どうぞ、リラックスして、可愛い赤ちゃんと向き合ってください。 

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ