→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


授乳中に風邪薬は飲んでもOK? 

赤ちゃんのお世話と授乳は、毎日、何度も何度も繰り返されます。
これはまず、お母さんが健康でないと到底できないことです。
そういうわけで、授乳中のお母さんは、赤ちゃんのため、自分の体調にとりわけ気を遣います。

そんな頑張る授乳中のお母さんも、体調を崩してしまう日がきっとあるでしょう。
もし、授乳中に風邪をひいてしまったら、風邪薬は飲んでもOK?なのでしょうか。

今回は、この疑問に答えてみたいと思います。

まずは、病院の先生に聞いてみよう

授乳中のお母さんは、安易に市販の風邪薬を購入して飲むのではなく、まずは病院の先生に聞いてみましょう。
赤ちゃんを出産した病院の先生でもよいですし、かかりつけのお医者さんでもよいと思います。

かかりつけのお医者さんに診察してもらう場合は、必ず、現在授乳中であることや、赤ちゃんの月齢を伝えましょう。
母乳に影響の出ない、安全な風邪薬を処方していただけると思います。

混合栄養・ミルクのお母さんは?

赤ちゃんがミルクも飲んでくれるなら、風邪薬を飲んだ後、母乳をあげるのをやめ、ミルクだけあげましょう。
おっぱいが張るときは、搾乳して捨てましょう。

授乳中で、赤ちゃんに薬の影響が出ないかどうしても心配でしたら、そのようにすることもできます。

まとめ

いかがでしたか?
授乳中に風邪薬を飲むことに関して、それほど神経質になる必要はないのですが、大切な赤ちゃんの身を守るために、できるだけのことはしてあげたいですね。

授乳中に体調を崩した時には、できれば病院に行って、適切な風邪薬を処方してもらい、早く治すことが一番です。
無理をせず、休めるときにはゆっくり休んでください。 

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ