→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


まだ授乳間隔があかないと悩んでいる人へ

育児書やいろいろな人の話などで、授乳間隔は3時間おきに授乳とよく書いてありますが、「うちの子は1〜2時間おきや、まちまちで授乳間隔があかない」と悩んでいませんか?

今回は、授乳間隔があかない原因や、ちょっとしたコツを見ていきたいと思います。

授乳間隔が3時間おきなのは、基本ミルクの場合だと考えておきましょう

生後間もなくから、だいたい3ヶ月ごろまでは、赤ちゃんは満腹中枢が未発達の為、欲しいだけ飲んでしまいます。

ミルクの場合は、消化のために3時間は開けることが必要ですが、母乳の場合は、消化吸収が良いため、赤ちゃんが欲しがるだけあげましょう。

おっぱいを飲むのに疲れて途中で眠ってしまうことや、ママのおっぱいの出も安定していない時期は、特に授乳間隔があかないことが多くあるので、最初から授乳間隔があかないことを悩まなくても大丈夫です。

授乳間隔には赤ちゃんの個人差があります

月齢があがってくるにつれ、少しずつ満腹中枢が発達してきて、一度にたくさん飲めるようになると、自然と授乳間隔があいてくる子も多いですが、赤ちゃんがおっぱいを吸う力やママのおっぱいの量などの個人差があって、毎回ちょっとずつしか飲めずに1〜3時間のまま授乳間隔があかない子もいます。

この子はちょっとずつしか飲めないのかな?と切り替えて、もう少しだけ赤ちゃんに付き合ってみてもよいでしょう。

そうした気持ちを切り替えで、ママの気持ちのリフレッシをすることや、おっぱいを赤ちゃんが吸う刺激で、ママのおっぱいの出る量も増えてくるので、一度に赤ちゃんが飲める量が増えてきて、自然と授乳間隔があいてくるかもしれません。

また、赤ちゃんが泣いているとき原因は、おなかがすいているときだけではなく、おむつや、もっとママにかまってほしい、逆におなかがいっぱいなどということもあります。

毎回泣いたらすぐにおっぱいではなく、一緒に抱っこして遊んだりしてみると、おなかがすいてたくさん飲むようになり、授乳間隔もあいてくることも多いです。

母乳の出が悪いことで、授乳間隔があかない場合は?

ずっとおっぱいを欲しがって、授乳間隔があかないのは、もしかしたらママのおっぱいの出が悪いからでは?と考えてしまうかもしれません。

そんなとき目安となるのは、赤ちゃんのご機嫌や顔色がずっと悪く、おしっこの回数が1日に5〜6回以下であるといった時です。

母乳の出が悪いと、一回飲むのに時間がかかり、授乳間隔があかない原因になっています。

ママの体質など原因はいろいろあると思いますが、授乳間隔があかないことで悩んで疲れがたまってしまうと、悪循環になってしまうので、無理のないくらいで母乳の量や質を変える工夫をしてみましょう。

ストレスや疲れがたまっているときには、リフレッシュの時間を作ってみたり、食事の改善をしてみたり、母乳マッサージに通って相談してみたり、時にはミルクに頼ってみたりしてもいいですね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ