→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


乳首から母乳を飲まない赤ちゃんはどうする?

乳首から母乳を飲まない赤ちゃん。
お母さんは、「どうして、私の赤ちゃんは乳首から母乳を飲まないの?」と、悩んでしまうかもしれません。

このようなとき、一体どうしたらよいのでしょうか。
今回は、「乳首から母乳を飲まない赤ちゃんはどうする?」というテーマで考えてみます。

赤ちゃん自身の問題

乳首から母乳を飲まない原因。
実は赤ちゃん自身にある場合も考えられます。
稀なケースかもしれませんが、赤ちゃんの身体に異常がないか、気になる点があれば病院で調べてもらいましょう。

また、よくあることとして、哺乳瓶の乳首からなら飲めるのに、お母さんの乳首からは母乳を飲まないのであれば、乳頭混乱の可能性があります。
哺乳瓶の乳首は、力の弱い赤ちゃんにとって、かなり飲みやすい形状だと思います。
いったん哺乳瓶の乳首に慣れてしまったら、お母さんの乳首からは母乳を飲まないかもしれません。

お母さん自身の問題

お母さんの乳首が、赤ちゃんにとって飲みにくい形であれば、当然吸い付きにくいので、嫌がって母乳を飲まないでしょう。
また、お母さんの食生活で、母乳の味が変わることもありますから、それが母乳を飲まない原因ということもあります。

対処方法

それでも赤ちゃんに、母乳を飲ませていきたいのであれば、飲ませる努力をしなければなりません。
泣き止ませたいためだけに、ミルクを先に飲ませていたら、ますます母乳を飲まなくなってしまうでしょう。
赤ちゃんもお母さんも、毎日諦めず、繰り返し練習していけば、きっといつかはお母さんの乳首からおっぱいを飲んでくれるようになるはずです。

お母さんの側も、赤ちゃんにとって飲みやすい乳首になるよう、できる限りの対策を取ってください。
食事に気を付けて、おいしい母乳が出せるようにも頑張りましょう。

赤ちゃんが乳首から母乳を飲まないのには、何か原因があるはずです。
その原因を見極めて、きちんと対処していくことが鍵と言えるでしょう。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ