→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


乳腺炎は桶谷式母乳マッサージで治るって本当?

母乳育児中、乳腺炎があるときや、母乳があまり出ないなどのおっぱいトラブルで悩んでいるときによく聞くのは、「桶谷式」ではないでしょうか?

特に乳腺炎は、乳腺が詰まり腫れや痛みが出てきて、ひどくなると、発熱までしてしまい、すぐに治したい症状です。

そんなときに、乳腺炎は、桶谷式の母乳マッサージで治るというのは本当なのでしょうか?

桶谷式母乳マッサージとは?

桶谷式の特徴としてよく言われているのは、痛くないというマッサージです。乳管を開通させるために行ってくれます。

桶谷式マッサージでうまく乳管が開通すると、乳腺炎の症状も軽くなってきて、母乳が出やすくなり、母乳の量も増えてくるというサイクルを作ってくれます。

母乳量が増えると、また詰まって乳腺炎になってしまう場合が心配されますが、1回だけではなく、そうならないようにメンテナンスする感覚でマッサージを受けていくと良いでしょう。

桶谷式はマッサージをするだけではありません

乳腺炎になる原因は、食事も関係しているので、食事のことや、授乳間隔など厳しく指導をしていただけるので、日常生活から乳腺炎になる原因を取り除いていくこともできます。

ママたちの感想は?

普段は痛くないどころか、気持ちがいいくらいのマッサージ。

乳腺炎がひどいときには、やはり痛みはあり、1回の桶谷式のマッサージではすべてのつまりを治すことは難しいそうです。

しかし、マッサージ終了後、できるだけ早くに授乳をするようにという指導があり、母乳マッサージを受けることで、開いた乳管から、さらさらと母乳が出やすくなっているので、直後から授乳を何回か繰り返しているうちに、マッサージでは抜けなかったしこりも抜けやすくなって、楽になったというママの感想もあります。

通常の母乳マッサージよりは、料金が高めですが、一人一人に対して、乳腺炎に対してだけの桶谷式母乳マッサージだけではない、母乳についてのきめ細かい指導を受けられるので、一度相談に行ってみるのもよさそうですね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ