→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


まずい母乳になる原因と対処法

母乳の量は出ているのに、赤ちゃんがなぜか母乳を飲まずに泣いていることはありませんか?その原因は、まずい母乳になってしまっているからかもしれません。

母乳育児をしている時、赤ちゃんにはまずい母乳よりもおいしい母乳を飲んでほしいですよね。

まずい母乳にはどうしてなってしまうのでしょうか。その原因と対処法を見ていきましょう。

まずい母乳になる原因は?

母乳は、ママの血液から作られているため、ママが食べている食事によって味が変化するといわています。

例えば、ママが脂っこいものや甘いものを食べすぎ、偏った食事をしていると、甘ったるくて脂っぽいまずい母乳になってしまうのです。

ケーキやチョコレートなどの油分や砂糖を多く含んだお菓子、スナック菓子やカップ麺、添加物が多く含まれる食品や飲み物、カロリーが高く脂っこい料理、乳製品の取りすぎなどは、まずい母乳になり、ひどくなると、乳腺を詰まらせて乳腺炎になる原因や、赤ちゃんの乳児湿疹を招いたりする原因にまでなってしまいます。

また、睡眠不足や冷え、ストレスをためてしまうと、血行が悪くなり、まずいおっぱいになってしまいます。

まずい母乳の対処法は?

やはり、ママの食べる食事に気を付けることが一番です。

まずい母乳になる原因の食べ物をできるだけ避け、主に母乳には白身魚やみそ汁など、あっさりと低カロリーである「和食」がよいといわれています。

旬の野菜、特にニンジンやゴボウなどの根菜類は温野菜にすると、体を温める効果があり、母乳の出もよくなります。バランスのよい食事を心がけて食べていくと、まずい母乳も改善されていくでしょう。

それでも変わらないときは、やはり、ストレスのためかもしれません。育児中忙しいママ。どうしても疲れも溜まり、睡眠不足になっていきますが、時には家族など周りに協力をお願いしてみましょう。

協力が難しいときでも、たまには家事を手抜きして、赤ちゃんと一緒にお昼寝をするなど、自分なりのストレス発散方法を見つけてみて、疲れやストレスを少しでも発散できたら、母乳の質も少しずつ改善していけると思いますよ。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ