→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


ケーキを食べると母乳育児で湿疹がでる?

母乳育児をする中で、「ケーキは赤ちゃんに湿疹ができるから食べない方がいいよ」と聞いたことや、赤ちゃんに湿疹ができた時に、ママがおやつにケーキを食べていたことはありませんか?

実際、母乳育児で、ケーキと乳児湿疹には関係があるのでしょうか。

母乳は、ママの血液でできています

妊娠中に体重制限などで食べるものを我慢してきたママも、母乳をあげているとお腹がすくし、出産後には、おやつでケーキなどを食べたくなりますよね。

ママの血液からできた母乳は、ママが食べたもので、出る量や味、質が変化し、赤ちゃんの湿疹も左右されてしまいます

ケーキなどを食べた後に母乳を飲ませると、背中や顔に小さい赤いぽつぽつの湿疹や、ひどく症状が出てしまったという話を聞きます。

小麦や卵、大豆、牛乳などのアレルゲンの食品を多くママが食べてしまうと、母乳中にたんぱく質が多くなり、赤ちゃんが食化しにくい母乳になり、結果として、体に湿疹があらわれてしまうようです。ケーキはその食べ物の一つでもありますね。

これは、赤ちゃんの体質によるもので、元々アレルギー体質やアトピー体質を持っている赤ちゃんは、ひどくなってしまうことが多いようです。

もちろん体質によるものなので、ケーキを食べても乳児湿疹が出ない子もいますが、できるだけ赤ちゃんには、質のよい母乳をあげていきたいですよね。

乳児湿疹を改善するために

乳児湿疹は、軽いものからひどい症状になるものまでいろいろあります。毎回湿疹が出るようなら、アレルギーがあるのかもしれませんので、病院での受診をして、アレルゲンを除去した食事にしていく必要があります。

薬を塗ったりすれば治ることもありますが、一番は、母乳の質を良くしていくことと言われています。

食事の改善で早く治り、ひどくならずにすむこともあるようなので、ケーキを食べたい気持ちもありますが、赤ちゃんのためにも、ママが食べるものには特に気を付けて、症状を軽くしてあげられると良いですね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ