→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳育児なのにタバコがやめられない人へ

母乳育児は、ママと赤ちゃんにとって大切なものです。
母乳育児をしている中で、タバコがやめられずに吸っているママはいませんか?

妊娠期にはタバコをやめていたけど、産後にもまたタバコを吸い始めてしまっているママが、母乳育児を続けていると、母乳を通して赤ちゃんの体を蝕んでしまいます。赤ちゃんはどんな悪影響を及ぼしてしまうのでしょうか。

母乳育児でタバコを吸っていると、赤ちゃんにタバコを吸わせているのと同じことです

タバコを吸っていると、血中の一酸化濃度が上がり、血管が収縮して、細部まで血液が行き届かなくなり、母乳が出にくくなります。ママ自身も体調が悪い時はふらっとしませんか?

母乳は血液からできているため、タバコを吸っているママの母乳を飲むことで、赤ちゃんもニコチンを吸収します。恐ろしいことに、母乳育児で、母乳に含まれているニコチンの濃度は、ママの血液のおよそ2〜3倍と言われています。

ニコチンは赤ちゃんの血管を収縮させて血流を阻害し、貧血、不機嫌、不眠、下痢、嘔吐、寝つきが悪くなる、気管支喘息、呼吸器疾患、肺炎、アレルギーなどの症状が出るだけではなく、乳幼児突然死症候群(SIDS)で、死亡してしまうこともあるのです。

母乳育児をやめてミルクにすればいいの?

タバコをそのまま続けていると、ママが口から吐く息や、髪の毛、衣類、皮膚などにしみ込んだタバコの悪臭にも有害物質が含まれています。

副流煙の影響や程度にもよりますが、母乳育児を行った時と同じような症状を赤ちゃんに引き起こしてしまうリスクを冒し続けることになってしまうのです。

「タバコをやめること」を考えてみて

安易に母乳育児をやめるのではなく、大切におなかの中で育ててきた赤ちゃんを、母乳育児でママと赤ちゃんとスキンシップと栄養面でつながっていくことをおすすめしたいです。

育児でストレスも溜まりますが、ストレス発散をタバコに頼らず、ほかの方法にして、ママ自身の健康のためにも、禁煙をしていくことを考えてみると良いのではないでしょうか。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ