→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


おいしい母乳を出す食事レシピ

赤ちゃんが飲んでいる母乳は、ママの血液から作られています。赤ちゃんの健康のために、おいしい母乳をあげるには、ママが作って食べる料理の具材や食事レシピが大切になってきます。

おいしい母乳とはどんなものなのでしょうか?

おいしい母乳には、和食が良いといわれています。

例えば、野菜の中でも根菜類が、体を温め、母乳の出を良くしておいしい母乳にしてくれます。
特に、ゴボウやレンコン、ニンジン、大根がおすすめで、火を通すと体も温まってさらに良い効果が期待できます。ぜひレシピに入れてほしい食材です。

また、海藻類や、小魚、豆類などもよいです。

わかめやひじき、のりなどの海藻類は、血液を浄化して乳腺の機能に働きかけてくれる効果が期待できます。簡単に作れる、みそ汁や煮物を、毎日のレシピの中に取り入れてみましょう。

そして、イモ類やキノコ小豆もおすすめです。
サツマイモをふかしてふかし芋にしたり、小豆も缶詰で売られていたりするので、おやつとして簡単にできるそうですね。

おいしい母乳にするために、できれば避けたい食べ物は?

油分の多いものやチョコレートなどの甘いもの、乳製品などを食べると、おっぱいを詰まらせて、赤ちゃんにとってはまずい母乳になってしまうこともあります。

カレーやシチュー、スパゲッティは簡単にできますが、たくさん食べるとおっぱいを詰まらせてしまう原因になるレシピの一つでもあります。おいしい母乳をあげるためにも、今まで食べていたレシピを少し変えていく必要があります。

毎回、おいしい母乳のための食事レシピを考えて作るのも大変ですよね

あれもダメ、これもダメと考えると、毎日赤ちゃんのお世話で忙しい中、レシピを考えて料理を作っていくのが大変になりますよね。

おいしい母乳のためには、取り入れたい食材を料理のレシピに組み込みつつ、バランスよく食べていくことも大切です。

先ほど避けた方がよいと書いたスパゲッティーも、和風にしてみる工夫をしてみることでOKになったりもします。

ホームページにも、たくさんのおいしい母乳のための材料やレシピがのっていますので、これからのママや赤ちゃん、家族の健康を考えて、余裕ができた時にはいろいろなレシピを探してみて、楽しみながら、料理のバリエーションを増やしてみる機会にしてみるのもよいのではないでしょうか。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ