→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


授乳後のげっぷを上手に出すポイント

新生児の頃から、授乳後は、げっぷをさせるように言われますよね。

なぜ授乳後にげっぷが必要なのかというと、母乳やミルクと一緒に赤ちゃんは、空気を飲み込んでしまいます。赤ちゃんはお腹にたまった空気を自分で出すことができないため、放っておくと、そのまま空気とミルクを吐いてしまうのです。

げっぷのさせ方も、慣れないと難しく、うまく出ないことがありますよね。

そこで、授乳後に行っていく、げっぷの出し方のポイントを見ていきましょう。

1.授乳後、赤ちゃんがママの方にもたれるように、縦抱きにします。

2.赤ちゃんの背中がちょこっと丸くなるくらいの、赤ちゃんの胸がママの方に乗るくらいの高さまで押し上げます。

3.空気は下から上へあがっていくため、たまった空気を、押し出してあげるイメージを持ちながら、胃のあたりから首の後ろまで、赤ちゃんの背中をなでてあげましょう。

このとき、げっぷが出なかったら、2の手順の時に、赤ちゃんのおなかがママの肩から胸に密着するようにして、赤ちゃんの体が垂直になるようにしてみてください。

膝に抱いてあげる方法

1.授乳後、赤ちゃんを、ママの右太ももに右を向いて座らせます。

2. できるだけ、ママのおなかに近い場所に赤ちゃんを引き寄せてあげて、赤ちゃんの左わきの下に、ママの右手を入れて赤ちゃんの体を安定させるようにして支えます。

3. 赤ちゃんの背中をトントンしたり、丸くなでてあげたり、さすってあげたりしてみましょう。

げっぷをさせる姿勢や、さすり方は、赤ちゃんによって合うものがそれぞれありますので、慣れるまではいろいろ試してみてもいいですね。

どうしてもげっぷが出ないときは?

授乳後、5分以上試してみても出ないときは、無理にげっぷをさせようとはしなくても大丈夫です。

母乳の場合は、おっぱいと密着して飲んでいるため、上手に飲んでいれば、授乳後のげっぷは出ないことは多く、ミルクの場合でも、座った姿勢で飲んでいるなどで、空気を飲んでいないこともあるようです。

また、げっぷの代わりに、授乳後は、おならをして空気を排出できていることもあります。

念のため、右側を横にして寝かせてあげてください。上向きだと、もしげっぷと一緒に吐いてしまった時に気管にミルクが入ってしまう危険があるので注意しましょう。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ