→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


哺乳瓶は妊娠中に何本そろえておくべき?

妊娠してから出産までの10か月は、あっという間に過ぎていくもの。
あれも、これも、子供が生まれるまでにやらなきゃいけないことも意外に多く、出産までの月日はあっという間です。

子供が生まれるまでに揃えておかないといけないもののひとつに「哺乳瓶」があります。
哺乳瓶は何本あっても助かるものではありますが、みなさんは哺乳瓶は何本揃えているのでしょうか?

気になる、出産までにみんな哺乳瓶は何本揃えているの?

みなさん、哺乳瓶はいったい何本持っているのでしょうか、気になるところですよね。
ご存知の通り、哺乳瓶には服と同じように素材やサイズの違いがあります。
素材には、プラスチックやガラスがありますが、プラスチックの哺乳瓶が今は主流です。

また哺乳瓶のサイズはだいたい50mlから240mlまでの哺乳瓶が各メーカーから販売されています。
赤ちゃんの成長に合わせて、哺乳瓶のサイズを使い分ける人が多いようです。

何本、というよりもまずは、大・中・小のサイズを一本ずつ、揃えておいてはいかがでしょうか?
哺乳瓶を使用していくうち、そして赤ちゃんの成長に合わせて買い足していくほうがいいのではないかと思います。

また、赤ちゃんが生まれるまでの哺乳瓶を何本揃えておかなければいけない、という決まりはありません。
哺乳瓶の本数にとらわれず、ご自身がもう1本欲しいな、と思うサイズが使っていくうちに出てくるかもしれません。

そういったときにまた買い足しても全然遅くはありませんよ。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ