→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


電子レンジの哺乳瓶消毒ケースは危険? 

哺乳瓶消毒法の一つに、電子レンジ消毒があります。
私も、この方法で哺乳瓶消毒していました。

しかし、電子レンジの哺乳瓶消毒ケース。
使用する際に気を付けておきたい点があるでしょうか?
今回は、「電子レンジの哺乳瓶消毒ケースは危険?」というテーマで考えてみましょう。

電子レンジによる哺乳瓶消毒の利点

電子レンジの哺乳瓶消毒ケースは、大変便利な商品です。
きれいに洗浄した哺乳瓶や乳首その他パーツを全てこのケースに入れ、少量の水を入れます。
そして、取扱説明書に従って、ケースごと電子レンジで消毒するだけです。

私が使っていた哺乳瓶消毒ケースは、一度に3本の哺乳瓶を消毒することができ、500Wで5分間加熱するタイプでした。
消毒後は、哺乳瓶をケースに入れた状態のまま保管することができ、大変重宝しました。

哺乳瓶消毒ケースの危険?

危険・・・というほどではないかもしれませんが、ぜひ注意してほしい点が二つあります。

まず、消毒後の哺乳瓶消毒ケースは大変熱くなっています。
電子レンジから取り出す際には、やけどをしないように気を付けてください。

取り出す際に、中に入れた水がこぼれる場合があります。
もちろん、水は加熱されてかなり熱くなっていますので、ケースは水平に持ち運ぶようにしましょう。

もう一つの注意点は、電子レンジ操作を誤らないことです。
これは、私の失敗談ですが、退院後、主人の実家にお世話になっていたときに、義父に電子レンジ消毒をお願いしました。
きちんと伝えたつもりでしたが、何を勘違いしたのか、義父は「あたためキー」を押してしまったようです。

異臭に気づいたときはあとの祭り。
消毒ケースは、溶けて変形してしまい、使えなくなってしまいました(涙)。

操作方法や加熱時間はくれぐれもお間違えのないように!

まとめ

電子レンジの哺乳瓶消毒ケースは大変便利な商品ですが、使い方を間違えると危険なこともあります。
使用前に必ず取扱説明書に目を通し、正しく安全に使いましょう。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ