→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


赤ちゃんを哺乳瓶嫌いにさせないコツ

お母さんのおっぱいからだけでなく、いざというときのために、赤ちゃんには哺乳瓶からでも飲めるようになってほしいですよね。
では、赤ちゃんを哺乳瓶嫌いにさせないように、できることは何かあるでしょうか?
今回は、赤ちゃんを哺乳瓶嫌いにさせないコツについて、考えてみたいと思います。

哺乳瓶嫌いになる時期と、その理由

少しづつ自我が芽生えてくる、生後1ヶ月〜3ヶ月過ぎ頃から、急に哺乳瓶嫌いになる赤ちゃんがいます。
それは、お母さんのおっぱいと、哺乳瓶の人工的な乳首の違いが分かってくるから。
人工乳首の感触・におい、または粉ミルクの味・においが嫌で、哺乳瓶嫌いになってしまうようです。

では、哺乳瓶嫌いにさせないための対策を見てみましょう。

哺乳瓶嫌いにさせないために

哺乳瓶を最初に選ぶときは、とりわけ注意を払いましょう。
どんな哺乳瓶・乳首でもOKという赤ちゃんならよいのですが、そうでない神経質な赤ちゃんもいます。
赤ちゃんが飲みやすいことで定評のある哺乳瓶を準備しましょう。

入院中は、病院の哺乳瓶を使うことと思いますが、様々な形の乳首を試してみることができます。
赤ちゃんの飲み方をよく観察して、赤ちゃんと相性の良さそうな乳首のついた哺乳瓶を購入することもできるでしょう。

ミルクの味やにおいが気に入らなくて哺乳瓶嫌いになる赤ちゃんもいます。
ミルクはメーカーごとに味やにおいが異なりますので、赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる場合は、使用中のミルクを別のものに変えてみることもできます。

ミルクの温度にも気を付けましょう。
私も経験があるのですが、少し冷めてしまったミルクは、赤ちゃんは飲もうとしません。
熱すぎもいけませんが、温かい、適温の美味しいミルクを飲ませてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんが哺乳瓶嫌いになるには、必ず何か理由があるはずです。
ここに挙げた方法を、ぜひ試してみてくださいね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ