→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


アトピーの赤ちゃんはミルク?母乳育児どちらがよい?

赤ちゃんのアトピーは、乳幼児期に比較的よく見られるものです。
ですが、皮膚が荒れているからといってそのすべてがアトピーというわけでもありません。

また赤ちゃんがアトピーになった場合、ミルクと母乳とではどちらがアトピーの赤ちゃんにとってよいのでしょうか?

アトピーの赤ちゃんにはミルクと母乳、どちらがいいの?

母乳での育児では、アレルギーやアトピーになる赤ちゃんが多いと聞きますが本当はどうなのでしょうか。

アトピーの赤ちゃんは、症状が季節の変わり目などに酷くなったりします。
また、赤ちゃんの皮膚は大人に比べとても繊細で薄いです。そのため、アトピーによるかゆみなどはさぞかし辛いものでしょう。

アトピーは、免疫異常が原因とされる病気です。免疫力が弱ると、大人でも体調を崩しやすくなったりしますよね。
では、アトピーの赤ちゃんの免疫力を上げるためにはどのような方法があるのでしょうか。そのひとつに、母乳が挙げられます。

母乳はミルクよりも栄養素が豊富で、同時に免疫物質もたくさん含まれています。
しかし、お母さんの食生活が乱れていると肝心の母乳の質が悪くなってしまいます。

ですから、お母さんは食生活に気を付けることが大切です。お母さんの食生活で気をつけておきたいことは刺激物・糖分や塩分、脂肪分などを摂りすぎないといったことです。
また、アレルギー反応を起こしやすい卵や牛乳も控えめにした方がよさそうです。
このような点に気を付けることで、アトピーの赤ちゃんにとって質のいい母乳を飲ませてあげることができます。

母乳をあげるお母さんと母乳を飲む赤ちゃんとは、ダイレクトにつながっているもの。
アレルギー対応ミルクなどもありますが、お母さんの母乳に勝るものはないようですね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ