→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


完全母乳育児でくる病になる!?原因は?

みなさんは「くる病」という病気をご存知でしょうか?
最近、乳幼児に多いとされているこの「くる病」ですが、どういった病気なのでしょうか。

「くる病」とは、足などの骨が曲がってしまう病気で、症状が悪化すると歩くことも困難になる病気です。
昔はくる病になる子供も多かったようですが、なぜまたくる病になる子供が増えているのでしょうか。
そして、母乳育児との関係もあったりするのでしょうか。

くる病になる原因とは?母乳育児にも原因あり?

くる病になる原因として、ビタミンDの不足が挙げられます。
ビタミンDは、骨の成長には欠かせないものです。また、食べ物や日光浴により生成される栄養素です。

では、どうしてビタミンDが不足するような状態になるのでしょうか。そのひとつとが、母乳育児で赤ちゃんを育てることにあるようです。

母乳が出ているお母さんにとってはなるべく母乳で育てたいと思うもの。
それに母乳での育児はやはりミルクでの育児よりも魅力的な部分があります。
しかし実際は、母乳育児だとビタミンDがどうしても不足しがちになるのです。

また、最近では紫外線が気になるあまり、赤ちゃんを外で遊ばせないようにするお母さんも増えているのが事実です。

ですから、くる病の予防方法として母乳で育てているお母さんは適度に赤ちゃんを外に連れ出し、日光浴をさせてあげることが大切です。
また、くる病の原因となるビタミンDの不足を補うため、卵・魚などを食べさせるのも大事なことです。

このように、くる病の予防策を知っておくと少し安心しますね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ