→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


産後うつで母乳育児ができなくても大丈夫!

赤ちゃんは母乳で育てたい、というお母さんはたくさんいます。
生まれてくる赤ちゃんのためにああしたい、こうしてあげたい、とお母さんは生まれる前から一生懸命考えます。
しかしその意気込みが時としてお母さん自身を苦しめ、産後うつになることもあるようです。

出産後、思いのほか育児が大変で、産後うつになるお母さんは少なくありません。
「母乳で育てたい」という思いとは裏腹に精神的に不安定になり、どうしても育児にやる気がでません。
そんな時、母乳で育児ができなくても、問題はないのか、お母さんとしては気になるところですよね。

産後うつのために母乳育児ができなくても大丈夫なの?

赤ちゃんが生まれてからの実際の育児は、出産前に描いていたものとは正直、違うものです。
赤ちゃんを目の前にしての育児は、過酷で孤独になりがちです。

誰にも頼れずに産後うつになるお母さんは実は多く、何事も一生懸命に取り組もうとする人に多いです。
「母乳で育てたい」という気持ちもそのひとつで、ミルクでの育児よりも母乳での育児に惹かれるお母さんは多いです。

しかし、どうでしょう。お母さんが産後うつで精神的に不安定なのに、その上母乳で育てたいという気持ちまで持ち続けると産後うつの状態が悪化してしまいます。
お母さんが心身ともに健康であってこその育児です。

実際、ミルクも昔と比べると栄養素もバランスのとれたものになっています。
ミルクで育てるなんて、という人もいるかもしれませんが、今では完全ミルクで育てるお母さんも多いです。

「母乳での育児」に囚われる必要はありません。ミルクと上手く併用しながらでも赤ちゃんは健康に育ってくれますよ。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ