→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳シミを落とすには?洗濯のコツ

赤ちゃんが生まれたら、お母さんのおっぱいからは母乳が出てきます。
母乳はお母さんの服や赤ちゃんの服をはじめ、身の回りの衣類によくつくものです。
また、母乳シミは、タンパク質が含まれているため粉ミルクのシミよりも落ちにくい汚れです。

その母乳シミを上手に落とすにはどうしたらいいのでしょうか?

母乳シミを上手く落とす方法とはどんな方法があるの?

母乳シミは一度ついてしまうとなかなかきれいに落とすことのできない汚れです。
また空気に触れる時間が長くなるにつれ、水に溶けにくくなり固まってしまう性質を持っているのでなかなか落ちません。

そんな母乳シミを上手く落とす方法とは、どういった方法があるのでしょうか。

まずは、母乳シミがついた時点で水で軽く落としておきます。
そうすることで、あとからの母乳シミの汚れ落としが簡単にできるようになります。

次に、タンパク質分解酵素が配合されている洗剤を使って洗濯します。
この時注意しておきたいことは、熱湯でもなく、冷たい水でもなく、酵素の落ちやすいぬるま湯で洗うということです。

また、汚れの度合いによって酸素系漂白剤を使ってシミを落とすのもいい方法です。
ですが、漂白剤を使っての洗濯は、生地が傷みやすいので注意が必要です。

このように洗濯機に入れての洗濯方法もありますが、煮洗いする洗濯方法もあります。
煮洗いだと、生地も傷みにくいのでおススメです。

このように母乳シミを落とす洗濯方法はたくさんあります。
汚れの大きさなどによって洗濯方法を変えてみるのもいいかもしれませんね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ