→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


布おむつ洗濯に最適なバケツはフタつき2個がベスト

最近は、布おむつよりも紙おむつを使用しているお母さんが多いのではないでしょうか。
しかし布おむつは、赤ちゃんがトイレをした時に赤ちゃん自身が気づきやすいというメリットもあり、今でも布おむつ派のお母さんも少なくありません。

また、布おむつは紙おむつと違って洗濯が必要になってきます。
布おむつの洗濯の時に必要になるアイテムは「パラソルハンガー」と「バケツ」ではないでしょうか。
ここでは、そのアイテムのひとつである「バケツ」について考えてみましょう。

布おむつの洗濯の時のバケツは、どんなバケツがおすすめ?

布おむつは、紙おむつと違ってこまめに替えてあげないと、もれたりしてしまう可能性があります。
その都度、布おむつを洗濯することは産後のお母さんにとって非常に厳しいものがあります。
ですから、汚れたおむつを洗濯するまで浸け置きしておくバケツが必要です。

また、そのバケツも2つある方がいいというお母さんもいます。
「おしっこ用」バケツはそのまま布おむつを洗濯できるけど、「うんこ用」バケツは一度もみ洗いが必要という理由でバケツを別にしているお母さんもいます。
また、うんちで汚れたおむつをバケツに入れ、その予洗い後のおむつを入れる用としてもう1つ別にバケツを準備するお母さんもいます。

では、バケツのふたはどうでしょうか?

生まれてすぐの新生児の赤ちゃんのおむつは、比較的臭わないことが多いです。
しかし、月齢を重ねると離乳食も始まり、おむつも段々と臭ってくるようになります。
そのため、バケツはふたつきのものがいいというお母さんもいます。

ちょっとした工夫で布おむつの洗濯を少しでも快適にできるといいですね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ