→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


沐浴剤スキナベープの成分は合成!肌に悪い?

赤ちゃんの沐浴の際に、心配になるのが「汚れがちゃんと落とせるか」「手をすべらせることなく肌をきれいにできるか」などではないでしょうか。
沐浴の時に使用するのは石鹸のほか、沐浴剤もあることをご存知でしょうか?

沐浴剤は、石鹸に比べて手がすべりにくく、洗いやすいのが利点です。
また、沐浴剤はメーカーによってその成分も様々ですので、好みに合わせて使用することができます。
石鹸と違って、すすぎ洗いも必要ないので大人も気軽に使用することができます。

その沐浴剤の代表ともいえるのが「沐浴剤スキナベープ」。発売から40年経ってもなお人気の商品です。
では、沐浴剤スキナベープの成分ってどんな成分なのか、気になりますよね。

沐浴剤スキナベープの成分は?肌にはやさしいの?

沐浴剤スキナベープの成分は、パラベン(防腐剤)・セタノール(アルコールの一種)・グアイアズレン(カモミールオイルなどの精油に含まれるもの)があります。
これらのなかには化粧品の成分でも目にしたことある成分もありますね。

では、これらの成分が含まれているからといって、はたして赤ちゃんの肌にも悪かったりするのでしょうか。
沐浴剤スキナベープは、低刺激なので沐浴をするぐらいの赤ちゃんにとってはむしろやさしいのかもしれません。
また沐浴剤スキナベープは、必要以上に赤ちゃんの皮脂をとることもないので安心です。

このように、成分表示だけでその商品がどんなものか分かるものではありません。
「沐浴剤スキナベープ」を実際に使用してみて実感してみることが一番いいかもしれませんね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ