→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳を増やす!育児のサポートにたんぽぽ茶

妊娠、出産を経ると一度は薦められる「たんぽぽ茶」。
母乳育児の助けになる、たんぽぽ茶の秘密とは?

たんぽぽ茶の効能とは

たんぽぽは、昔から漢方として利用されてきました。
利尿作用や解毒、胃や肝臓の機能向上の効果があり、幅広く利用されてきたようです。
気になる母乳への効果ですが、たんぽぽに含まれる苦味成分が代謝を助けてくれることで母乳の分泌が促進されます。
母乳育児をするお母さんには嬉しい効果ですね。

母乳だけじゃない、たんぽぽ茶の栄養

実は、たんぽぽ茶は鉄やビタミンB2などの栄養分を含みます。
母乳育児(授乳)中は、一日あたり700キロカロリーものカロリーが消費されます。
それが毎日繰り返されるわけです。
母乳の成分は血液ですから、しっかり栄養を取らないと貧血を起こしたり、母乳の分泌も低下してしまうなど母子ともに困ったことが起こるのです。
そしてもちろん、水分補給も重要です。
そこで普段飲むお茶の代わりにたんぽぽ茶を取り入れることで、効率的に栄養補給がなされます。
ノンカフェインですから、母乳育児中にも気兼ねなく摂取できます。

たんぽぽ茶の一番の魅力

たんぽぽ茶の良いところ、それは手軽だという点です。
母乳の分泌で悩むお母さんたちは、母乳に良いと言われていることを色々と試していることでしょう。
母乳外来に通い、母乳マッサージを頻繁に受けている方もいらっしゃるかもしれませんが、お金も時間もかかります。
自分でできる努力のひとつとして、そして自分の体調管理のためにもたんぽぽ茶はお薦めです。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ