→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


頭痛薬を授乳中に飲むのはNG?服用タイミングは?

連日の赤ちゃんのお世話で、知らず知らずのうちに疲労がたまり、頭痛に悩まされるお母さんもいるかもしれません。
授乳や抱っこによる肩こりを放置していると、それが原因で頭痛が起き、吐き気を催すほどひどくなってしまうことも。

通常なら市販の頭痛薬に頼ってしまうかもしれませんが、授乳中は赤ちゃんへの影響が心配ですね。
今回は、頭痛薬を授乳中に飲むのはNGなのか、服用する場合のタイミングや注意点についても、考えてみたいと思います。

産院や薬剤師に相談

授乳中は、できるだけ薬は服用しないのが一番だということは、誰でも認めるところです。
しかし、どうしても頭痛薬を飲まざるを得ないのであれば、産婦人科で診てもらい、適切な頭痛薬を処方していただきましょう。
薬局やドラッグストアに常駐の薬剤師に、授乳中でも飲める頭痛薬を選んでもらうこともできるでしょう。
自己判断で頭痛薬を選び、服用しないように気を付けてください。

服用のタイミングと注意点

授乳中に頭痛薬を飲む場合、授乳を終えた直後に服用し、次の授乳まで十分時間を空けましょう。
赤ちゃんに与えるお薬の影響を小さくすることができます。
頭痛薬の影響を、100%赤ちゃんに与えたくないのであれば、思い切って授乳をストップしてください。
搾乳した母乳は処分し、頭痛薬の服用中は粉ミルクを飲ませましょう。

まとめ

授乳中は頭痛薬を含め、安易に痛み止めを飲むことは決してよいことではありません。
だからといって、我慢しすぎるのも禁物です。

病院や薬局で、授乳中でも飲める頭痛薬を処方してもらうこと。
母乳に薬の成分がいかないように配慮すること。
この二点に気を付けて、授乳中は正しく頭痛薬を服用してください。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ