→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


親知らずの痛みがでたら抜歯すべき?【授乳中ママ】

歯の痛みは、時に耐え難いものとなります。
授乳中に親知らずの痛みがでたら、どうしたらよいのでしょうか?
授乳中であっても歯医者さんに行って、抜歯してよいのでしょうか?

ここでは、授乳中のママに親知らずの痛みが出た時の対処方法やアドバイスについて、書いてみたいと思います。

親知らずの抜歯と母乳への影響

親知らずに痛みを感じる場合、そのほとんどが抜歯したほうが良いケースだそうです。
親知らずを抜くときの手順を簡単に述べるなら、麻酔→手術→縫合、ということになります。
そして痛み止めのお薬をを処方されます。

問題は、麻酔薬や痛み止めの薬の影響が、母乳に出ないだろうか?ということでしょう。
授乳中のママは、歯医者さんにかかるときには、授乳中であることをきちんとお医者様に伝えましょう。
きっと、使うお薬の安全性を納得ゆくまで説明してくださるでしょう。

安全な選択をしましょう

もし、強いお薬を使うのであれば、薬の影響が出ている間は、授乳をやめたほうがよいかもしれません。
母乳は前もって搾乳しておき、冷凍保存して、乗り切ることもできます。

切羽詰まった状況でないのなら、断乳してから、親知らずの抜歯を行なう方がべストかもしれませんね。

まとめ

授乳中はなにかと制限が多くなってしまいますが、もし我慢できるようであれば、授乳中は歯の治療や手術は控えるのが好ましいです。
ですが、親知らずの痛みは、本当に辛いものですよね。
授乳中に親知らずの痛みが出たのなら、信頼できる歯医者さんに、ぜひ一度相談してみられることをお勧めします。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ