→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳をやってもしこりがとれない原因

赤ちゃんに母乳をあげているママの中で、おっぱいトラブルで悩む原因の一つは、おっぱいのしこりではないでしょうか?
しこりができると、おっぱいがガチガチにかたくなって痛くて、場合によっては高熱を出してしまう場合もあるのです。

「ちゃんと赤ちゃんは母乳を飲んでくれているのになぜ?」と思ってしまいますよね。
そのしこりの原因を見つけていきたいと思います。

母乳をあげているのにしこりがとれないのはなぜ? 急性うっ滞乳腺炎

多くの場合、しこりができている部分に母乳がたまりすぎて、乳腺が詰まってしまうことが原因のようです。

授乳間隔が開いたりするときにも、おっぱいがパンパンに張って痛いという経験はないでしょうか?

それ以外にも、乳管が狭い初産のママや、ママが睡眠不足などの疲れやストレスがたまっているときや、食事も原因になってしまいます。

しこりの解消法は

赤ちゃんに吸ってもらうことでよくなることが多いです。なるべく、母乳はしこりのある方からあげたり、上げる時の角度や抱き方を変えてみると、詰まってしこりになっている乳腺を、赤ちゃんの吸う力でもう一度開けてもらえます。

食事を振り返ってみて、甘いものや、脂っこいものばかり食事をしていた場合は、それが原因かもしれません。
母乳には和食が良いそうです。野菜やお魚などヘルシーな食事に改善してみるとよいでしょう。

また、夜間授乳や慣れないお世話でどうしても疲れはたまってしまいますが、少しでも可能であれば、家事や育児を家族にお願いしたり、ハーブティなどを飲んだりして、リフレッシュタイムを作ってストレスをためないようにするのもおすすめです。

そして、断乳や卒乳の時には、一気にやめてしまうと余計にしこりができて痛くなってしまうことが多くなるので、少しずつ授乳間隔を延ばしたり、減らしたりしていくとよいでしょう。

しこりやおっぱいが腫れて熱を持っている場合は、濡れタオルや、タオルなどでくるんだ保冷剤や、冷却ジェルなどを当てて冷やすと、少し症状が軽くすることができます。

どうしても長時間の外出などで母乳を上げることが難しいときは、搾乳をするとよいでしょう。ただし、毎回行っていると、ママの体がその分どんどん母乳を作ろうと頑張ってしまうので、注意が必要です。

我慢できないほど痛くなって、高熱が出てしまうなどの症状が出た場合は、詰まりがひどくなっていたり、化膿性乳腺炎といって、乳首にできた傷から、乳腺が細菌感染をしてしまっている場合もありますので、早めに母乳外来や産院にみてもらいましょう。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ