→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


産後すぐから混合、6か月からは完ミになった体験談

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望でしたが、産後すぐから混合、6か月からは完ミになりました。

私の母がこども3人を完ミで育てたため、母乳は出にくい方だろうとは思っていました。しかしできることなら完母で育てたいとも思っていました。私の場合、母乳が全く出ないということではありませんでしたので、混合で頑張ることにしましたが、全体量の半分はミルクで補っていました。

母乳はあまり出ませんでしたが、子供は嫌がらずに吸ってくたので混合を続けました。しかし6か月頃になると母乳の出が悪くなり、ちょうどその頃に体調不良や花粉症が重なり、薬を飲まなくてはならない状況になってしまいました。

一旦止めると、やはり母乳の出が更に悪くなりました。自分自身、母乳に悶々と悩む生活を辞めたいと思っていたので、この時期の服薬をきっかけに完ミに切り替えることにしました。2日程度はおっぱいが張って痛みを感じましたが、お風呂で搾乳をしたら収まっていきました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳を増やすために食事を和食中心にして、脂っこいものやカロリーの高そうなお菓子は控えるようにしました。通販で母乳の出が良くなるハーブティーやタンポポ茶なども注文して飲んでいました。ミルク代とお茶代を比べるとお茶の方が安かったですし、母乳が出るなら、と飲み続けてはいました。しかし劇的に増えるということはなかったように感じます。

ネットで母乳に関する記事を読み漁ったりもしました。そのほとんどが、間隔を空けずに泣いたら母乳をあげる頻回授乳とミルクを足さないことを勧めていたように感じます。混合だったため、ミルクの間隔は3時間おき、その他は母乳という生活でした。

産後1か月は夜が特に辛かったです。混合の場合、ミルクより前に母乳をあげるため、夜中は3時間おきに母乳とミルクをあげて、合間に泣いたら母乳をあげるというのが基本的なパターンでした。一番辛かったのは、合間に泣いて母乳をあげたときに、足りずに泣いてしまうときでした。ミルクを足したいけど、まだ3時間経ってないことに焦りを感じて途方にくれました。

周囲の友人は完母で育てている人が多かったため、混合、完ミで育てることに劣等感を感じることもありました。母乳が出ないのは自分の努力が足りていないのではないかと思っていたからです。周囲には母乳が出なくて可哀相と思われているのではないかという被害妄想まで抱いてしまいました。

しかし、半年頃経って自分が体調を崩した時に、悶々と悩むのは辞めようと考えるようになりました。実際完ミで育てられた自分も兄弟も、健やかに育って大人になっているわけだし、何よりももっと楽しく育児をした方が、自分も赤ちゃんも心身共に健康的でいられると思ったからです。

6カ月で完ミに切り替えると、とても気持ちが楽になりました。時間が決まっているので予定も立てやすいし、夜もぐっすり寝てくれたため、1歳過ぎには苦労なくミルクを卒業できました。ミルクは太るとか言われますが、全く太っていませんし、ご飯もきちんと食べるので、今となっては悩んでいたことが嘘のようです。

現在は母乳万歳と言われることが多いですが、母乳育児を目指す気持ちが強すぎて、無理をしたりストレスを抱えてしまった私は本末転倒だったように思います。周囲からの何気ない一言で傷ついたりもするので、今後妊婦さんや赤ちゃん連れのお母さんと触れ合うときは、最終的に元気に育てばいいのだということを念頭に置くようにしたいです。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ