→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


やや母乳よりの混合育児をしていた体験談

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

両親の勧めもあり、何かの際には両親に子供を預けることを前提に混合を希望してましたので、
出産後、自宅に戻ってからすぐに混合にしました。
混合で育ててみて、母乳とミルク、どちらも良い点と悪い点がありました。

母乳の場合、泣いて母乳を飲ませたらすぐに私自身も眠れるという点が良かったですね。
睡眠不足で1分でも長く寝たい産後には有難いです。
ただ、ミルクよりも母乳の方が飲ませる頻度は高かったです。

一方、ミルクの場合は用意をして飲ませて後片付けまでの一連の作業がしんどいです。
寝不足、なかなかミルクが冷めない、子供は泣き続ける、となるとイライラしてしまいストレスに。
飲んだ後は、母乳よりも比較的長く寝てくれていました。

昼間は母乳、自分自身も長く寝れる様に寝る前はミルク、という混合育児でした。
両親に預けた際も、ミルクもきちんと飲んでくれましたので、
外出時だけでなく育児疲労が溜まった時にも両親に助けてもらえました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

妊娠中、本を見て乳腺を開くためにマッサージを少ししていました。
でもあまり刺激が強いと早産を招く恐れがあるという情報もあり、本格的にではなく、軽いマッサージ程度でした。

出産してすぐには母乳の分泌が悪く、入院中にマッサージをしてもらうなどしました。
おかげで帰宅した頃には母乳が出るようになっていました。
とはいえ、乳腺がしっかり開通していなかった様で、産後1カ月になる前に乳腺炎となってしまいました。

入院中は少なめでしたが新生児室で看護婦さんの元、母乳を飲ませていました。
少しずつですが、飲んだ母乳の量は増えており、帰宅後も順調に飲む量は増えていました。
ですから、まさか乳腺炎になるとは思っていませんでした。

授乳で眠れない日々、熱が出ておっぱいは固くなり痛い、辛かったです。
バンバンに張ってしまい、ちょっと触れただけでとっても痛い。
夜も痛過ぎてて眠れませんでした。

最初、母乳が良く出るようにと母乳の分泌を増やす食事を心掛けていましたが、乳腺が開線しないとダメですね。
乳腺炎の最中は、母乳を増やす食材は避けました。

病院へ行って再度マッサージをしてもらいました。
自宅では搾乳機を使用して溜まった母乳を出しました。
溜まった母乳が出ないと良くならないという事で、母に母乳を押し出してもらったりしましたが、本当に痛くて涙が出ました。

数日間の試練に耐えると、乳腺が開通されて楽になりました。
搾乳機で搾乳していると、母乳が出る様子が見えるのです。
最初一本くらいしか母乳が出ていなかったのが2本、3本と増えていき、最後にはシャワーのように出るようなりホッとしました。

でも、まだまだ生まれたばかりの赤ちゃんは母乳を飲む量が少なく、飲み残しがあります。
また乳腺炎にならない様に、その後は子供が飲みきれなかった母乳は搾乳機で出していました。

乳腺炎で出産した病院へ行った際、医師からは母乳はどんどん飲ませるように言われました。
母乳に細菌がいるので飲ませてはいけないのかと思いましたが、赤ちゃんには問題無いようです。
乳腺炎の最中でも母乳を飲ませて良いとの事でした。

二人目を出産した際には、またあの乳腺炎にならない様に、と一生懸命母乳を飲ませました。
おかげで二人目の時には乳腺炎にならずに済み、良かったです。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ