→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


一人目はミルクでしたが二人目では母乳育児をしたい

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

一人目はミルクでしたが二人目では母乳育児をしたいと思っていました。子供にとっては母乳を与えることで免疫力がついたり、また親子のきずなを強くするという意味で母乳育児はとても効果的だと思ったので二人目では母乳育児を選びました。ところが私の体質なのか、母乳は思ったように出なくてとても苦労しました。

結局完全母乳できるほど母乳が出なかったので混合だったのですが、出来る限り母乳優先で育児しました。それでも赤ちゃんを母乳で育てるというのは私にとって最高のスキンシップで、授乳というこの時間は母親にとって子供が赤ちゃんの時にしかできない貴重な体験だと思ったので、精神的にはとても充実した体験だったと思っています。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

一人目の子供の時は何もわからず、また産院も母乳育児をあまり推奨していない病院でした。入院していた部屋にはミルクが置いてあって、生まれたらいきなり粉ミルクを与える指導をされたので母乳は与えられませんでした。

この経験から二人目の時にはぜひ母乳で育てたいと思って、妊娠中から乳首のマッサージをしたり、栄養に気をつけたりしていました。二人目の子を出産した産院は母乳育児の指導もしっかりやっていたので、実際生まれたら早速母乳をあげることを指導されました。またこの産院ではおっぱいのマッサージなども丁寧にやってくれたり、母乳についての相談も色々と乗ってくれたので安心して母乳育児に挑戦することができました。

ただやはりもともと母乳が出にくい体質なせいか母乳が足りていなかったようで、赤ちゃんは頻繁にお腹を空かせて泣くし、体重も上の子どもの時ほど順調に増えていかなかったので栄養が不足してしまうのではないかととても心配しました。私自身は栄養に気を付けて母乳が出やすくなるようにカブや小松菜などの野菜をたくさん意識的に取ったり、お風呂に入って毎日おっぱいのマッサージをしたり、カイロでおっぱいを温めたりして血行を良くするように心がけました。またもともと冷えやすい体質だったので体を冷やさないように着る物や足元の保温などを心がけました。

この努力の甲斐あって徐々に母乳は増えていったのですが、育児のストレスや母乳が思うように出ない心配もあって、もともと大好きだった甘いクッキーや和菓子などの食べ物をドカ食いしてしまったことがありました。また食事でも油っこいものを家族につられて食べてしまうこともあり、そんな時は決まって翌日乳首が詰まってしまい、おっぱいがカチカチになって痛くなってしまい苦しみました。

自分で一生懸命マッサージしてつまりを取ったり、乳房を冷やしたりしてつまりが取れたこともありましたが、なかなか取れずにどんどんおっぱいが硬くなって炎症を起こしそうになってしまったことも何回もありました。そんな時は知人から紹介してもらった乳腺炎を治療できる助産師さんのところを訪れてマッサージやお灸などをしてもらって治しました。

助産師さんにお願いすると治るのですが、そこに何回も通うと治療費もかさむのでその点でもとても苦労しました。ただ、大変な事もたくさんありましたが母乳で育てる努力をしたことで子供に対する愛情がとても深まって子供とのきずなが強くなって良かったと心から思っています。苦労したことも今ではとても良い思い出です。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ