→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


生後3ヶ月で母乳が出るようになり、完全母乳育児に移行

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

始めは母乳育児を希望していましたが、思うように出ず、ミルクと混合にしていました。生後3ヶ月くらいになり、ようやく母乳が出るようになり、完全母乳育児に移行しました。それから2度乳腺炎を経験しています。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください

一人目の出産をして、やはり母乳のメリットを知っていたので、できれば母乳で育てたいと思っていました。しかしなかなか思ったように母乳が出ません。そのため桶谷式の母乳マッサージに通いました。ここに通う度に乳管が少しずつ開通していくことが実感できましたね。また乳管が開通していくと今度は乳房の張りも良くなって、赤ちゃんが吸わなくても次第ににじみ出るようになりました。

桶谷式のマッサージは結局5回通いました。それと並行して自分でも出来るマッサージ法を教えてもらい、自宅でも実践しました。また分泌量を増やすためには、血液循環量を増やさなくてはいけません。そのために水分をよくとりました。一人目が生まれたのは、11月でとても寒かったので、たんぽぽ茶を飲んでいました。たんぽぽ茶はおっパイにも良いと聞いていたので、積極的に摂取していました。

それから完全母乳に移行したのですが、完全母乳に移行したら、今度は、おっぱいが張りすぎて大変でした。赤ちゃんはだんだん昼と夜の感覚が出来て来て、夜5時間か6時間くらい寝てくれるようになったのですが、私はそんなに時間をおいてしまったら今度はおっぱいががちがちになって大変です。そのため赤ちゃんが寝ているのに、自分だけ起きて搾乳もしていました。それをすることによって乳腺炎を予防していたのですね。

乳腺炎を予防するために定期的な搾乳と授乳をしていました。でもその日食べたものによって、乳房の張りに影響が出ることも少なくありませんでした。特に実家に帰った時には親が元気をつけさせようといろいろ作ってくれるのですが、2度ほど脂肪分の多い物を食べたからでしょうか。乳腺炎を起こしてしまいましたね。それからは授乳が終わるまでは脂肪分の多い物は控えなくては実感しました。またあまりにおっぱいが張る時には、頻回搾乳で母乳を捨てたり、しこりがある部分を中心として冷やしたりして対応していました。乳腺炎になった時には、さすがに病院に行き、治療をしてもらいました。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ