→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


産後1年くらいの間、乳腺炎を繰り返しました。

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

完全母乳が希望でしたが、産後、思うように母乳が出ませんでした。
産後一週間くらいが特に大変で、1時間に3回くらい母乳をあげ、さらに、赤ちゃんが寝ている間には、搾乳機で搾乳をしていたのでフラフラでした。
しかし、出産した病院が、完全母乳に力を入れている病院だったおかげか、
とにかく頻回授乳をすることに徹し、産後1ヶ月くらいから軌道に乗り始めました。
ところが母乳が出るようになると今度は乳腺炎に悩まされ、産後1年くらいの間、乳腺炎を繰り返しました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

最初は、ほとんど母乳が出なかったので、とにかく頻回授乳をしました。
1時間おき、ひどい時は1時間に3回くらい授乳をし、更に赤ちゃんが寝ている間に、搾乳をしました。
また、これは自分で希望したことなのですが、出産をした当日から母子同室だった為、産後ゆっくり寝ることが本当に出来ず、寝不足が続いたことが辛かったです。
他には、たんぽぽ茶やルイボスティー、ズイキ、もち米など、母乳の出に良いとされているものは、なるべく摂取するよう、心がけました。

そのかいあってか、産後1ヶ月くらい経つと母乳が出るようになってきたのですが、今度は乳腺炎に悩まされました。
私はもともと、甘いものや脂っこいものなど、母乳にあまり良いとされないものが好きだった為、食生活が原因だと思われます。
私の場合、熱は出なかったので、厳密には乳腺炎とは違うのかもしれませんが、
おっぱいが詰まると、岩のようにカチカチになり、熱をもって、ものすごく痛かったです。
母乳外来にも行きましたが、対処法は、とにかく赤ちゃんに吸ってもらうしかないということだったので、
とにかく授乳をしましたが、かなり痛く、辛かったです。
また、食生活も好きなものを我慢しなければいけないことがストレスとなり、たまにそろそろ大丈夫だろうとドーナツなどを食べてしまうと、またおっぱいがカチカチになり…の繰り返しで、ママ友の中には何を食べてもつまり知らずの人もいて、毎日チョコを食べている話などを聞くと羨ましくなったりもしました。

他、母乳の出が悪くなってしまわない為に気をつけていたことは夜間授乳です。
生後4ヶ月くらいから夜もよく寝てくれるようになったのですが、夜間授乳をやめると母乳の分泌が減ってしまうのが怖くて、3時間おきに目覚ましをかけて、母乳をあげていました。赤ちゃんは幸いよく寝ていたので、夜間授乳することで目がさえて寝ないということは、殆どありませんでした。
夜間授乳は1歳くらいまではやりました。

1歳を過ぎると、夜間授乳もなくなり、乳腺炎に悩まされることもなくなり、1歳7ヶ月で無事に断乳出来ました。

母乳育児は過酷なこともありましたが、やりきったという達成感のようなものはすごく感じます。
また、体重が元に戻るのが早かったのも良かったです。

もうすぐ2人目出産ですが、また完全母乳で育てたいです。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ