→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳の量が足りずに混合でした。

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児を希望していましたが、母乳の量が足りずに混合でした。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳の量を増やすために、食事量と水分量を多くするように心がけました。

おっぱいのマッサージは、妊娠中から続けていましたが、時には、漢方薬を試すこともありました。

妊娠中には、産後の母乳の出をよくするよう、乳首のマッサージを行い、産後は産婦人科のアドバイスを参考に、赤ちゃんに母乳を与える前には、必ずマッサージをしていました。

産後の1ヶ月程度は、母乳の量が安定せずミルクとの混合でした。

その後は、だんだんと母乳量が増え、良かったと思っていたところ、子どもが3ヶ月になり、寝つきが悪く母乳が足りないのかも…と気づきました。

もともと和食が好きで、自炊をしていましたが、初めての子育てでバタバタしてしまい、3品作っていたものは2品に…といったように食事量は減っていました。

また水分量は、食事の時にお茶を1杯飲むかどうかというくらい、気がつくとほとんど摂らずに過ごしていました。

意識的に食事量・水分量を増やすよう心がけると、母乳の出が少し良くなりました。

食事量・水分量を増やして、しばらくは母乳の出が良くなりましたが、8〜9ヶ月を過ぎて飲む量が増えてくると、また足りなくなってきた様子でした。

たまたまその頃、風邪をひいて葛根湯を病院でもらったところ、飲んですぐにおっぱいが張るようになり、母乳の出が少し良くなったので「おおっ!」と思いました。

葛根湯の効果について薬剤師さんに相談してみると、「葛根湯は母乳の出も良くしますよ」と言われたので、風邪が治ってからも、市販の葛根湯を、しばらく飲んでいました。

夕方など疲れて母乳が減った時はミルクを混ぜつつ、離乳食を進めて1歳半くらいまでは、混合のまま母乳を続けました。

今現在は卒乳して、子どもはスクスクと育っています。

出産後夫婦だけの生活ではなく、親がいたり、もっと外食やお惣菜をうまく活用していれば、食事量・水分量の問題で母乳が減ることはなかったのかな…と少しだけ後悔しています。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ