→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳育児をつづけ3歳でもおっぱいを飲み続けています・・

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望でした。
実際は混合になりました。

新生児の頃は私の母乳の出が悪く、息子もうまく乳首をくわえて飲むことができず、産んだ病院でのマッサージや母乳指導も受けました。
それでもなかなか満腹までは飲めず、母乳をしぼって哺乳瓶で飲ませたり、粉ミルクを飲ませたりしていました。
息子も哺乳瓶からの方が吸いやすかったみたいで、おっぱいを嫌がる時もあり哺乳瓶も好んでいました。

しかし6か月を過ぎたあたりから、うまく飲めるようになったみたいで、突然おっぱいブームがやってきました。
結局粉ミルクは1歳半を過ぎてからやめましたが、おっぱいだけはもうすぐ3歳になろうとしているのに飲み続けています。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳って赤ちゃんが飲む量は自然に出てくるものだと思っていました。
そうではないと知ったのは、息子が生まれて2日目の事でした。

息子の授乳の時間がやってきたので、息子を抱いておっぱいをふくませましたが息子はうまくのめませんでした。
様子を見ていた助産師さんの判断で、電動の搾乳器を使って母乳を取り息子にあげることになりました。
足りない分は粉ミルクで。

それが退院まで続きました。
病院から退院する前におっぱいマッサージを受けましたが、それでもなかなか改善されません。
息子も結局うまく飲めないまま退院の日がやってきました。

母乳を増やすために胸に刺激を与えつつ、息子にも母乳を飲ませたいとの思いかから、病院ですすめられたこともあり、手動の搾乳器を購入し使用していました。
それでも母乳量も足りず、母乳を哺乳瓶で飲ませて、足りない分は粉ミルクで・・・という日々が続きました。

息子もうまく飲めないおっぱいよりも哺乳瓶の方がよかったみたいで、何回かおっぱいを含ませようとして嫌がられたことがあります。
そのあとすぐ哺乳瓶からいっぱいミルクを飲んでいたので、母乳で育てたいのに、なんだかうまくいかないやらせつないやら・・・そんな風に悩んでいました。

そのころ・・・確か産んでから半年しないくらいの時期でした。
親戚のもとを訪ねた際、出てきたケーキの生クリームを食べてしまったら乳腺が詰まってしまい、その後熱も出たため病院へいきました。
私は里帰り出産だったため、産んだ病院ではない病院にかかる事になりました。

そこの助産師さんから、生クリームを食べた事を怒られ、さらには搾乳器ではなく手で搾りなさいと指導されました。
搾乳器よりも手の方が出がよくなるといわれました。

搾乳器でも時間がかかるのに、それを手でやるのか・・・と思いました。
それでもその助産師さんの事を信じ、その日から搾乳器をやめ手搾りにするようになりました。

はじめの頃はうまく搾れず出も悪く、おっぱいの張りを解消するために1時間くらい一生懸命しぼっていました。
ただずっとおっぱいをしぼっているのもしんどかったですが、それでも息子のためにと思ってがんばりました。

それでも1週間もすると手でしぼるのにも慣れてきて、だんだんとゆっくりですがひとつの乳腺から出る母乳の量が増えてきました。
搾る時間も30分以内になり、全体量も増えてきました。
哺乳瓶の中にしぼっていくのですが、だんだんとしぼった量が増えていくのがわかり、その時は本当にうれしかったです。

母乳量が増えたのと、息子の成長もあり、息子の吸う力がついてきて、おっぱいを前よりうまく吸えるようになりました。
おっぱいをうまく吸えるようになった息子は、哺乳瓶よりおっぱいの方を好むようになりました。

最終的に完全母乳は無理でしたが、それでもおっぱいを前よりも吸えるようになり、本人もおっぱいが大好きになりました。
お腹がすいたときにおっぱいだけで足りるようになり、おっぱいの時と粉ミルクの時とおっぱいの張り具合で分けるようになりました。
それでも私は満足でした。

離乳食が完了し、2歳前に粉ミルクにはさよならをしましたが、おっぱいは精神安定の意味もあるのか、3歳間近のいまでも吸いにやってきます。
母乳量が足りず大変だった事もありましたが、今はいい思い出です。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ