→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


産婦人科のおっぱい教室に通い母乳育児になりました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望でした。通っていた産婦人科で開催されていた「おっぱい教室」に参加、参加したことで、母乳の利点がわかり、母乳育児を希望しました。

実際、産まれてみると初産のときは、なかなか思う量の母乳が出ず・・・。マッサージや水分量を増やす、子供に吸わせるなど、苦労しました。
退院時は、母乳が足りないため、粉ミルクと混合で与えていました。最近の粉ミルク、哺乳瓶ともとても品質がよく、はじめは抵抗がありましたが、子供の飲みもよく安心して利用出来ました。

そうした間に、子供自身も飲み方が上手くなって、1か月くらいで、完母になりました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

マッサージ、水分を多くとること、おっぱいを温める、定時に子供に吸わせるなど試しました。中でも子供につってもらうと一番いいと聞き、初産のときは24時間体制でくわえさせていました。
トラブルでは、よく、おっぱいが張る、詰まる、乳腺炎など聞きますが、全然そういったことはなく、痛みも張りも感じずに授乳期を過ごせました。
その分、なかなか母乳量が増えなかったです。また、炭水化物を多くとったり、おもちを食べるといいと聞き、授乳期はじめは、食べるようにしていました。

おっぱいを温めるようにと、入浴は可能になったら湯舟に必ずつかり、マッサージ(育児本に書いてあった)を毎日していました。これは、あまり効果を実感できず。おっぱいの張りがなかったからだと思います。

友人の中には、すぐに詰まって痛みがひどく、食事制限している子もいました。その時は、白米、焼き魚、野菜しか口に出来ず、油分、糖分の摂取量には大変気を使っていました。
二人目のときは、同じように始めの1か月は母乳量が少なく、混合で育てていましたが、一度、道がついていることもありますが、気持ちに余裕があったことで、初産の時より、
早く完全母乳になりました。気持ち的にリラックスすること、ストレスがないことが母乳量増加によかったような気がします。

授乳期後半になると、子供の吸引力も強くなり、また、歯も生え始めて冬季という事もあり、乳首の乾燥、赤ぎれがひどくなって痛みで授乳できないこともありました。
ワセリンやランシーノなどでケアしましたが、改善されず・・・。キズパワーパットを貼ったりしていました。子供が口にする場所のため、薬等を付けることが出来ないし、病院へ行くも、受診科もわからず、おっぱいの事の相談窓口もいまいちよくわからず、このときはキズバンしか対処できませんでした。この赤ぎれは結局、卒乳までよくならず・・・。乳首の周りの乾燥は、季節とともによくなりましたが。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ