→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


自宅で出張母乳マッサージを受け、出るようになりました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

完全母乳育児を目指していました。ミルクは高いし、やはり母乳が一番子どもの体に良いと思っていました。
産婦人科の先生も、なるべく母乳で育てられるように頑張りましょうと言っていました。

ただ最初は全然母乳が出なくて困りました。産婦人科では、その内ちゃんと出るようになりますよと言われましたが、なかなか出る量が増えませんでした。
実家の親に子どもを預けるために、自分の母乳を搾乳することがあったのですが、あまり量がとれず困りました。その時にやはりあまり出ていないと気づかされました。親にも心配されました。

母乳が出ないせいで子どもが夜長く寝てくれないし、泣いて欲しがることもありました。
仕方ないのでたまにミルクを飲ますようにしていました。ただ母乳をあげながらのミルクは、どれくらいの量をあげていいのか悩みました。体重が増えすぎてしまった時期もあり、ミルクを薄めてあげるなどして調整しなければいけませんでした。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳マッサージの先生に頼んで、家でマッサージをしてもらいました。桶にお湯を入れて、温めたタオルで胸をマッサージしてくれました。
出ないと悩んでいた母乳ですが、マッサージをしてから母乳を出すと遠くまで飛ぶほど出て驚きました。ただその日は出るのですが、すぐまた母乳が出なくなってしまいました。

母乳マッサージの先生には2回ほど来てもらいました。回数を重ねるごとに、母乳の出は良くなってきました。あまりミルクを飲ませすぎてきると、余計に母乳が出なくなるとアドバイスをもらったので、それからはなるべくミルクを止めるようにしました。
どうしても泣いてどうしようもない時や、誰かに預ける時だけミルクを飲ませました。

ミルクを止めるのは自分の体力的にも辛かったです。しかしミルクをあげるようになると、それに頼ってミルクがあるから出なくても良いやと思ってしまう自分がいました。

思いきってミルクを止めると、最初の頃は足りなくて泣いていました。夜も泣いてどうしようもないし精神的にも参ってしまいました。
しかし、何とか母乳育児にするために、マッサージの仕方を覚えて自分でも母乳マッサージをするようにしました。お風呂の時は長めにマッサージし、母乳をあげる前に軽く揉んでほぐすようにしていました。

するとミルクを止めたせいもあるかもしれませが、段々と母乳が出るようになってきました。母乳をあげる前に、お湯につけたタオルで胸を温めるだけでも効果がありました。

産婦人科の先生に、母乳は吸われれば吸われるだけ出るようになるけど、吸われる回数が減ると自然と出なくなってしまうと言われました。
不安になって一生懸命吸わせていると、最初の頃悩んでいたのが嘘のように出るようになりました。やはり出なくても一生懸命吸ってもらうことが大事なのだと思いました。
私の場合、母乳を詰まらせる原因になる餅などの食べ物も、なるべく摂らないように気を付けていました。それも良かったのかもしれません。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ